乾燥肌・アトピー性皮膚炎に効果的なミネラル一覧

アトピー性皮膚炎や、慢性的な肌の乾燥は、単純に栄養不足が原因となることがあります。現代の不足しやすい栄養素の一つがミネラルです。

ミネラルには、酵素の主成分となって代謝機能に関わるものが多く、不足すれば当然、肌荒れにつながることがあるのです。

そこで今回はアトピーや乾燥肌に効くミネラルとその効能を詳しく解説していきます。

肌荒れ改善に重要なミネラル

マグネシウム

マグネシウムは、体内で約300種類もの酵素の働きに関与しているミネラルで、糖質や脂質、たんぱく質の代謝や核酸の合成に働いています。また、神経系を安定させる働きがあり、精神安定に作用する働きがあります。マグネシウムが不足すると、酵素の働きが鈍って新陳代謝が乱れます。また、神経系が不安定になり、心疾患がでたり、アトピー患者においては皮膚の痒みなどが悪化する可能性があります。

多く含まれる食品

納豆、バナナ、ほうれん草などを中心に、幅広い食品に含まれています。

一日の所要量

成人男性:280~320mg、成人女性:240~260mg

許容上限摂取量

成人:650~700mg

マグネシウムはストレスや過度の運動などによって多く消費されることがわかっています。現代では不足しやすいミネラルであるといわれているため、マグネシウムが多く含まれる食品を意識して摂取するようにしましょう。

亜鉛

亜鉛は200種類もの酵素の必須成分で新陳代謝に深く関係するミネラルです。亜鉛はたんぱく質の合成や細胞分裂、コラーゲンやエラスチンの合成など、肌細胞を作る際に欠かせないミネラルで、アトピー性皮膚炎患者においては、皮膚炎や皮膚の傷の回復を早めるには亜鉛が不可欠です。

多く含まれる食品

亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれています。

一日の所要量

成人男性:10~12mg、成人女性:9~10mg

許容上限摂取量

成人:30mg