水痘・水疱瘡とアトピー性皮膚炎の違い「症状・原因・治療法」

発疹、水疱、膿疱などの症状となって現れるウイルス感染症の一つに水痘(すいとう)、一般名で水疱瘡(みずぼうそう)があります。

水疱瘡はきちんと治療すれば完治する症状ですが、アトピー性皮膚炎をもつ人では症状が重症化しやすい傾向があります。

水痘・水疱瘡とは?

水痘(すいとう)とは、ウイルス感染症の一種で、一般的に水疱瘡(みずぼうそう)としてよばれることが多いです。多くは子供のころに発症し、一度かかれば免疫ができるため2度とかからないといわれています。ただし、再発症するケースもまれに存在し、ストレスや疲労などによって免疫低下時に再発しやすいといわれます。

症状

およそ2週間程度、全身に丘疹(盛り上がった紅い発疹)が出現します。成人が発病した場合では発疹が出現する前にだるさ、全身倦怠感や発熱をともなうこともあります。発疹は発症から次々に現れ、発症から3日ごろをピークに1週間ほどでかさぶたになって治っていきます。

水疱瘡の病態は、丘疹→水疱(水ぶくれ)→膿疱(水ぶくれに膿がたまってくる)→痂皮(かさぶた)の順に変化し、すべて痂皮になったときに治癒したとされます。

成人になってから初感染すると、合併症として肺炎や脳炎などを引き起こす危険性があります。そのため、成人の場合は早期治療が重要になります。また、皮疹が強くなると皮膚に炎症跡が残ることがあります。

水痘・水疱瘡の原因とは?

水痘(水疱瘡)は、ヘルペスウイルス科の水痘・帯状疱疹ウイルスの初感染によって引き起こされます。主に空気感染、飛沫感染、水疱液の接触感染があります。このウイルスには強い感染力があるため、学校や仕事などは休むべきです。

水痘・水疱瘡の治療法

感染した場合は、小児科医、皮膚科などによる早期治療が理想です。できるだけ早く治療することで症状をより軽く抑えることができます。 皮疹の段階に応じて抗ウイルス薬、抗ヒスタミン薬などを使用します。

予防接種・ワクチン

水痘・帯状疱疹ワクチン(生ワクチン)接種により発症を予防することができます。

妊婦と水疱瘡

また、妊婦が妊娠初期(8 – 20週目)に感染すると2%程度の胎児に先天性水痘症候群として低体重出生、四肢の形成不全、皮膚瘢痕、部分的筋肉萎縮、脳炎、小頭症、白内障などの症状が現れる。

アトピー性皮膚炎と水疱瘡について

アトピー性皮膚炎患者では過剰な免疫反応により皮疹がひどく現れる傾向があります。ステロイド治療を行っているとより重症化しやすいといわれます。