アレルギー性接触皮膚炎とアトピー性皮膚炎の違い「症状・原因・治療方法」

アトピー性皮膚炎と似た症状の一つに接触性皮膚炎という急性皮膚疾患があります。

一般的に「かぶれ」ともよばれ、原因物質に触れることで湿疹・皮膚炎が引き起こされます。

接触性皮膚炎とは?

接触性皮膚炎の分類と原因

一次刺激性接触皮膚炎

原因物質の触れることで皮膚炎を誘発し、アレルギーとは関係なく引き起こされるのが一次刺激性接触皮膚炎です。原因物質によって症状の強さが決まります。

洗浄剤、石鹸、界面活性剤などの皮膚に強い刺激を与える物質が原因で起こるケースや、乳幼児の場合は、よだれやおむつかぶれ(尿や便が細菌に分解されてできるアンモニアによる刺激で生じる)などが原因になることがあります。

アレルギー性接触皮膚炎

原因物質に接触すると、アレルギー反応による免疫が過剰に働き、皮膚の炎症細胞が活発に作用して湿疹を誘発するのがアレルギー性接触皮膚炎です。アレルギーが原因で引き起こされるため、アレルギーをもっていれば原因物質の性質とは関係なく強い症状がでることがあります。

化粧品に含まれる成分のに対するアレルギー。金属アレルギー(指輪、ネックレス、ピアス、歯のつめ物など)。漆(うるし)かぶれ、外用薬(湿布などによるかぶれ)などが有名です。

検査・診断方法 アトピー性皮膚炎との区別

問診によって、「いつ、どんな時に、どこの部位に、どのように湿疹ができるか」を質問します。子供の場合、湿疹や痒みなどの症状だけではアトピー性皮膚炎との区別は難しいこともありますが、アトピーができやすい部位(顔、首、手や足の関節部位)などではなく、慢性的ではない一時的な湿疹で、疑われる原因物質との接触を避けることで症状が良くなれば、接触性皮膚炎による炎症だと判断できます。

アレルギー性接触皮膚炎であるかどうかを確実に検査するためには、貼布試験(パッチテスト)といわれる疑われる原因物質を皮膚に貼って24~48時間後に皮膚反応を確認する検査をすれば判明できます。パッチテストで陽性反応があれば、紅斑、浮腫、小水疱などの湿疹が出現します。

アレルギーを持っているヒトは多くの物質に対してアレルギー反応を持っていることが多いため、血液検査によってアレルギー検査をして、食物アレルギーやハウスダスト、真菌(カビ)などに対するアレルギーも確認しておいたほうが無難です。

金属アレルギーの場合、はっきりとした反応がでるのに1週間ほど時間を要することもあり、診断が遅れることがあります。

治療法・改善法

原因物質に触れることによって引き起こされる皮膚炎であるため、原因物質を特定して触れないようにします。湿疹が強い場合は、ステロイド外用薬で素早く炎症をしずめ、痒み(かゆみ)に対しては、抗アレルギー剤・抗ヒスタミン薬を服用します。