乾燥肌は石けんや洗顔料で洗わない方が良い?

過剰に皮膚を洗うと、皮脂を取りすぎて乾燥を引き起こしたり、必要な角質層が剥がされて肌荒れを起こすことがあります。

肌の汚れはきちんと落とすことも重要ですが、肌が弱い人や乾燥肌の人、洗剤によって肌荒れを起こしやすい人などは、石鹸などを使用せずに水洗いのみのスキンケアが適している場合もあります。

洗顔と肌荒れについて

石鹸などは角質を剥がす作用がある

石鹸や洗顔料、ボディソープなどは一般的にアルカリ性でできており、角質を剥がす作用があります。肌が強く潤いもある人では問題ありませんが、皮脂分泌が少ない人や角質層のバリア機能が弱い人、肌の回復力が弱い人などでは、それらの洗浄剤によって肌荒れを起こすことがあります。

石鹸などで体を洗うと保湿成分まで洗い流される

角質層にはセラミドや天然保湿因子(NMF)などが存在し、皮膚の保湿機能を担っていますが、石鹸などで必要以上に洗ってしまうとそれらの保湿成分まで洗い流されてしまいます。普通肌や脂性肌では何度洗っても洗顔後にすばやく肌の潤いが回復しますが、乾燥肌の場合では回復が弱いため洗いすぎるのはよくありません。

合成界面活性剤による肌ダメージ

合成界面活性剤とは、化学的に合成された洗浄成分で、主に洗浄力を高めるために用いられます。ただし、化学的に作られた成分であるため肌に合わずにアレルギーを起こしたり、慢性的な肌荒れをかかえる人が少なくありません。

合成界面活性剤が配合された洗顔料やボディソープなどが肌に合わないのにそれに気づかずに使い続けている人が多いようです。合成洗剤が合わない場合は、無添加石鹸(純石けん)などに切り変えることで肌荒れが治まるようになってきます。

必要以上に角質ケアをしてはいけない

美肌を維持するためには肌の汚れをきちんと落とすことが重要だとして日常的に角質ケアをしている人がいますが、角質を取りすぎるとバリア機能がなくなり、防御反応によってかえって過剰に角質が作られるようになります。また、角質ケアによってバリアがなくなると、肌を守るために皮脂分泌が増加して、ニキビなどの原因になることがあります。

角質ケアを必要以上に継続していると、肌老化が進行してしまうことも考えられます。

肌に負担のない洗顔のポイント

水洗いのみの洗顔法に変える

毎日洗顔やクレンジングを繰り返して角質を剥がすような状態が続くと、肌を回復させるために角質の生成スピードが慢性的に早くなっています。一日洗顔しないだけでも角質が溜まって肌がガサガサするとして日常的に角質ケアをしている人がいますが、慢性的に角質をケアするから角質生成が必要以上に活発になり、場合によっては慢性的な肌荒れを起こすこともあるのです。

そのような場合は、皮脂や角質を落とさない水洗いのみの洗顔にしてみましょう。洗顔・クレンジングを毎日していた人が急に水洗いだけの洗顔法に変えると初めは角質が溜まって肌がガサガサするようになりますが、角質が剥がされないようになるため角質生成もしだいに安定し、ガサガサ感がなくなっていきます。

角質は水洗いだけでも剥がれていくため、必要以上に角質ケアする必要はありません。

お化粧しない日を増やす

毎日お化粧する人は、洗顔やクレンジングなどでしっかりと汚れを落とす必要があります。化粧を落とさないのはニキビや肌荒れの原因になるためです。ただし、毎日のクレンジングによって日常的に肌ダメージが蓄積されて、慢性的な肌荒れを起こす人は少なくないようです。

その場合は、可能な限りお化粧しない日を増やすようにしましょう。また、お化粧やクレンジング剤などによって肌の調子が悪化している場合には、洗浄力の弱い洗顔料でも落ちる肌への負担の少ないメイクにしましょう。

肌の調子が悪い時にはとにかく余計なことをしないことが基本です。

乾燥肌でもアトピー性皮膚炎の場合は洗顔が必要

アトピー性皮膚炎の人では、乾燥していても刺激性の低い無添加石けんなどで洗顔する必要があります。通常、アトピー性皮膚炎はアレルゲン、細菌、真菌(カビ)などが原因でアトピーを引き起こすため、石けんなどで肌を清潔に保つ必要があるためです。

アトピー性皮膚炎者の肌は敏感であるため、洗顔後は必ず保湿をしてバリア機能を補うようにしましょう。