パラベン(防腐剤)がアトピー性皮膚炎の悪化原因?

アトピー性皮膚炎のような敏感肌では、防腐剤として化粧水やシャンプーなどに含まれるパラベン系の成分が肌への刺激となり、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

防腐剤が肌への負担になることから、近年では無添加化粧品といわれるパラベンを配合しない商品も登場するようになっています。

パラベンと肌荒れの関係

パラベンとは?

パラベンとは、パラオキシ安息香酸エステルの略称で、広い菌種に対して静菌作用を示し、主に防腐剤として化粧品に添加されます。化粧品は、防腐剤を配合しなければ、しだいに雑菌が繁殖して商品が腐敗してしまうのですが、薬事法において原則3年間の品質保証期間が定められており、化粧品を消費者が安全に使用できるために化粧品メーカーは基本的にパラベンなどの防腐剤を使わざるを得ません。

パラベンは優れた防腐・抗菌効果があるのですが、肌への刺激性があることやアレルギーなどの皮膚疾患を引き起こす可能性があることから、化粧品に配合する場合には「表示指定成分」として表示が義務付けられています。近年では、パラベンの中でも皮膚への刺激性が少ないメチルパラベンが用いられることが多くなっています。

パラベンの危険性

アレルギー、接触性皮膚炎

パラベンは、フェノール、クレゾール、サリチル酸などと同じように、防腐・抗菌効果がありますが、まれに接触性皮膚炎を起こすことがあります。また、摂取すると嘔吐、むかつき、発疹、肝炎などを起こす可能性があります。ただし、パラベンでアレルギーを起こすケースはごくまれです。

環境ホルモン作用の疑い

パラベンは、環境ホルモンの一種であるアルキルフェノールと似た性質を持っているので、環境ホルモン作用を持つのではないかという疑いがあります。

防腐剤としてメチルパラベンを添加する化粧品が増えている

メチルパラベンとは、化粧品の代表的な防腐剤の一つであり、化粧品を細菌などの微生物から守り、最後まで安全に使用できるようにするために微量配合されます。抗菌活性はパラベンの中でも最も弱く、刺激が少ないため近年多く用いられています。

抗菌活性は、ベンジルパラベン>ブチルパラベン>プロピルパラベン>エチルパラベン>メチルパラベンの順です。メチルパラベンが最も弱く肌への負担が少ないといわれています。