空気清浄機はアトピー性皮膚炎に効果がある?

アトピー性皮膚炎は、アレルギー疾患が関与しているといわれており、空気中のダニやハウスダストなどがアトピーの悪化因子の一つである可能性があります。

皮膚炎を悪化させないために、こまめに掃除したり空気清浄機でダニやハウスダストなどのアレルゲンを溜めない環境作りが必要です。

アトピー性皮膚炎と空気清浄機の効果

空気清浄機の機能

空気清浄機は、一般的にパネル、集じんフィルター、脱臭フィルター、送風ファンで構成されており、送風ファンを回すことで空気中に浮遊する目に見えないダニ、ハウスダスト、細菌、真菌(カビ)、花粉、黄砂などを取り除き、部屋の嫌なにおいも吸着します。

また、特別な方法として高圧放電によりチリやホコリをイオン化させて取り除くタイプもあります。

空気清浄機のアトピー性皮膚炎の改善効果

アレルギー検査などでダニやハウスダストの反応が陽性である人は、空気清浄機によって部屋内のアレルゲンを減らすことで症状が軽くなると思います。アレルギー体質である人は空気清浄機を使用していることが多いのですが、実際に空気清浄機を使用してからアレルギーやアトピー性皮膚炎の症状が軽くなったという意見が多いようです。

アトピー性皮膚炎の原因が、空気中のアレルゲンが原因だと特定できている場合は、できるだけアレルゲンを減らすことで症状は抑えられると思います。

除湿機でも効果がある?

湿度が高いと真菌(カビ)などが増加しやすくなります。人によっては真菌がアトピー性皮膚炎の原因の一つであるため、アレルギー検査などで真菌に対するアレルギー陽性反応が出た場合は、除湿機などで部屋の湿度をコントロールするとよいかもしれません。

エアコンにも湿度を下げる除湿機能があります。