【アレルギーの種類】アレルギー疾患の種類による症状の違い

アレルギーとは、広義的に自己免疫反応が体に不利に働く症状です。

アレルギーは自己免疫反応によって引き起こされることは共通しますが、タイプによって様々な違いがあり、発生機序により5つのタイプに分類されます。

アレルギーのタイプ

I型アレルギー

原因・メカニズム

体になどの抗原(アレルゲン)が入ってくると免疫反応によってIgE抗体を作り出します。そのIgE抗体が肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球という白血球に結合し、そこに抗原が結びつくとそれらの細胞がヒスタミンなどを放出してかゆみなどのアレルギー症状を引き起こします。

このタイプのアレルギーは抗原が体内に入るとすぐに生じるため「即時型アレルギー」と呼ばれ、気管支に作用すると気管支喘息、皮膚に作用すると蕁麻疹、鼻に作用するとアレルギー性鼻炎を起こします。また、反応が激しく全身に及び、急速な血圧低下によりショック状態を起こすアナフィラキシーショックもこのI型アレルギーです。

代表的な疾患

代表的な疾患には、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、蕁麻疹、花粉症、アトピーなどの症状がこれに当たります。

II型アレルギー

原因・メカニズム

体に侵入した抗原(アレルゲン)とIgGというタイプの免疫グロブリンが自己の細胞に結合し、それを認識した白血球が赤血球などの細胞を壊してしまうのがII型アレルギーです。

II型アレルギーは、自分自身の体をアレルゲンとして自分の細胞を壊してしまうため、「細胞障害型アレルギー」 とも呼ばれています。

代表的な疾患

代表的な疾患としては、自己免疫性溶血性貧血(AIHA)、不適合輸血、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、悪性貧血、リウマチ熱、グッドパスチャー症候群、重症筋無力症、橋本病、円形脱毛症などがあります。

III型アレルギー

原因・メカニズム

抗原(アレルゲン)と抗体が結合した免疫複合体が形成され、それが血流によって流れた先で、周囲の組織を傷害する反応です。III型アレルギーは、腎炎や血清病、リウマチなどにも関係しており、「免疫複合体型アレルギー」とも呼ばれています。

代表的な疾患

代表的な疾患としては、血清病、全身性エリテマトーデス(ループス腎炎)、急性糸球体腎炎、関節リウマチ、過敏性肺臓炎、リウマチ性肺炎、多発性動脈炎、アレルギー性血管炎、シェーグレン症候群などがあります。

IV型アレルギー

原因・メカニズム

抗原(アレルゲン)に反応したリンパ球やマクロファージが抗原(アレルゲン)に対して異常反応してしまい、周囲の組織傷害を引き起こすアレルギーです。IV型アレルギーは細胞性免疫が関わり、リンパ球の増殖や活性化などに時間がかかるため、アレルギー反応が1日から2日後に現れます。症状がゆっくりと出ることから「遅延型アレルギー」と呼ばれます。

代表的な疾患

代表的な疾患には、接触性皮膚炎(金属アレルギーなど)、薬物アレルギー(ツベルクリン反応など)、移植免疫、腫瘍免疫、シェーグレン症候群、感染アレルギー、薬剤性肺炎、ギラン・バレー症候群などがあります。臓器移植の拒否反応もIV型アレルギーに含まれます。

V型アレルギー

原因・メカニズム

受容体に対する自己抗体が産生され、その自己抗体がリガンドと同様に受容体を刺激することで、細胞から物質が分泌され続けるために起こるアレルギー。基本的な機序はII型アレルギーと同じであり、刺激性という点だけが異なります。

代表的な疾患

代表的疾患はバセドウ病があります。

アトピーとアレルギーの関係

アトピー性皮膚炎を発症しやすい人は、アトピー素因といわれる蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などのI型アレルギーをもつ傾向があるといわれています。さらに、I型アレルギーだけではなく、IV型アレルギー反応も影響しているといわれています。

ただし、アレルギーを持つ人が必ずアトピーを発症するのではありません。実際に、血液検査でアレルギー反応が出ないのにアトピー性皮膚炎をもつケースや、アレルギー反応が陽性であるのにアレルギー症状がまったくないケースも少なくありません。

純粋なアレルギー反応というよりも、皮膚のバリア機能低下などによってアトピー性皮膚炎を引き起こしている可能性も考えられます。