グリチルリチン酸ジカリウムはステロイドと同じ効果がある?

アトピー性皮膚炎の治療はステロイド外用薬を用いた方法が一般的です。ただし、ステロイドには副作用があるため患者によっては不安に思う人も少なくありません。

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)は、甘草の根茎から抽出されたグリチルリチンの誘導体で、抗炎症作用やステロイドに似た働きをもち、軽い皮膚炎に対して有効な成分です。

グリチルリチン酸2Kについて

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)とは?

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)とは、甘草から抽出されたグリチルリチンの誘導体で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、ステロイド様作用、女性ホルモン様作用などがある成分です。

抗炎症作用やステロイドに似た作用をもつことから、ニキビやアトピー性皮膚炎などのスキンケア成分として用いられることが多い成分です。近年は、化粧水やシャンプーなどに配合されることも多くなっています。

グリチルリチン酸2Kは、軽い湿疹、皮膚炎の有効

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用やステロイドに似た作用をもつことから、ニキビやアトピー性皮膚炎の有効成分としてもちいられることが多いですが、炎症をしずめる作用ではステロイド外用薬のようなはっきりとした効果は得られません。そのため、症状が比較的落ち着いている状態に有効であり、はっきりと皮疹がある場合はステロイド外用薬で炎症を抑えます。

グリチルリチン酸2Kにはステロイドのような副作用がない?

グリチルリチン酸2Kがステロイドと似た働きがありますが、これは基本的な成分構造が共通しているためです。そのため、ステロイドと同様の副作用がある心配もでてきますが、実際に○○○様作用というように、ある物質と同様の作用をもつ場合は、同じような副作用が起こる可能性があります。

ただし、基本的な構造が共通しているからといって薬理作用・副作用においても全く共通するということはありません。基本的な構造が似ていても、細かな構造が一つ置き換わるだけで大きく異なる性質になることもあります。

ステロイドに似た作用であってもステロイドそのものとは異なり、効果としてもステロイドよりも穏やかで即効性はないため、連続使用しても適量の使用であれば副作用の心配がないといわれています。

ただし、内服として一度に多量に使用すれば、偽性アルドステロン症を発症する可能性があります。偽性アルドステロン症とは、アルドステロン(副腎より分泌されるホルモン)が過剰分泌していないにもかかわらず、あたかも過剰分泌しているかのような症状をいいます。