【乾燥肌アトピー】ヒルドイド軟膏(クリーム)の効果と副作用「使い方」

ヒルドイド軟膏の画像・写真 アトピー性皮膚炎のような敏感肌や乾燥肌では、皮脂分泌が少ないために保湿剤で肌を保護するスキンケアが必要です。

ヒルドイドはアトピー性皮膚炎や傷の治癒改善に効果のある保湿剤です。

保湿剤 ヒルドイドについて

ヒルドイドの特徴

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は、皮膚の乾燥を防で肌を保護する保湿剤で、乾燥による皮膚のかさつきやアトピー性皮膚炎のスキンケアに用いられます。保湿作用のほかに血液が固まるのを防ぐ作用や血行をよくする作用があり、鬱血を改善し傷の治りをよくする作用があるので、打ち身や捻挫、血栓性静脈炎、痔核などの治療などにも用いられます。

効果・効能

  • 皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症
  • 凍瘡、しもやけ、角皮症
  • 肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防
  • 血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)
  • 血栓性静脈炎(痔核を含む)
  • 外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎

使用方法

1日に1~3回程度を目安に患部に塗布する。

剤形の種類

「ヒルドイドクリーム0.3%」、「ヒルドイドソフト軟膏0.3%」、「ヒルドイドローション0.3%」、「ビーソフテン外用スプレー0.3%」

副作用・注意点

  • おだやかな作用の塗り薬ですので、副作用はほとんどありません。
  • ジュクジュクしている傷口には直接塗らないようにします。
  • 目に入らないように使用しましょう。
  • 血友病や血小板減少症など、出血性の血液の病気のある人は使用しないようにします。