【乾燥肌アトピー】白色ワセリン(プロペト・サンホワイト)の効果と副作用

サンホワイト画像・写真 アトピー性皮膚炎のような敏感肌は、皮脂分泌が少なく肌が極端に乾燥し、バリア機能が低下しています。

皮脂が少なくバリア機能が弱い肌には、ワセリンなどの保湿剤を使用して肌を保護する必要があります。

白色ワセリン、プロペト、サンホワイトについて

ワセリンとは?

ワセリンは炭化水素類の混合物を精製した油脂性の軟膏基剤です。軟膏基材として他の薬剤と混合する他に、保湿剤としても用いられます。(身近なところではリップクリームなどにもワセリンが含まれます)。炭化水素類なので化学反応を起こしにくく安定しており、安全性が高いため長期使用することも可能です。

ワセリンは「アトピー性皮膚炎」などの皮膚疾患や乾燥肌用のスキンケア成分として用いられ、アトピーの症状によってはステロイド外用薬などを用いずに単独で使用されるケースも増えています。抗原性がないためアレルギーの心配がありません。(ただし、ワセリンに種類によっては、わずかに含まれる不純物によって肌トラブルを起こす可能性があります)。

効果・効能

  • 乾燥肌や敏感肌などのバリア機能が弱った肌を保護する働き。
  • 肌を保護することで痒み(かゆみ)を抑える。
  • 肌の水分蒸発を防ぎ、水分量を高める。
  • 湿潤療法として、アトピーなどによる傷の回復を早める。

アトピー性皮膚炎で用いられるワセリンの種類

スキンケアとして使用されるワセリンにはワセリンには以下の種類があります。

白色ワセリン

白色ワセリンは、原料の石油から精製されたワセリンから不純物を取り除いた皮膚の保護剤です。ただし、白色ワセリンは微量ですがベンゼン等の不純物がまだ少量残っています。多くの人では白色ワセリンでも問題ないですが、アレルギーや敏感肌である人では微量な不純物でも肌に合わないケースもあります。

プロペト

プロペトは白色ワセリンよりも高度に不純物を取り除いたタイプのワセリンです。白色ワセリンよりも高純度・高品質とされています。眼球に塗る眼軟膏の基剤として使われる事が多く、眼科用のワセリンとして知られています。

サンホワイト

サンホワイトは、徹底的に不純物を取り除いたタイプのワセリンです。白色ワセリンやプロペトよりも純度(品質)が高いといわれています。ほとんど不純物を含みません。

ワセリンは、「白色ワセリン」→「プロペト」→「サンホワイト」の順に品質(純度)が上がります。サンホワイトが最も純度が高いのですが、白色ワセリンと比較するとプロペトとサンホワイトでは純度に大きな違いはありません。

ワセリンの欠点

  • ワセリンを塗布すると、肌がベトベトします。(顔に塗るとテカリの原因になります)。
  • ワセリンが皮膚の毛穴を塞ぎ、ニキビや肌荒れの原因になることがあります。

使用方法

入浴後にベタベタしない程度に皮膚に薄く均一にのばします。いくら乾燥肌でも塗布したままの時間が長いとニキビなどの肌荒れを起こす可能性があるため、きちんと塗ったワセリンを洗うスキンケアが必要です。

保管方法

小児の手のとどかない所で、直射日光を避け、なるべく涼しい所に密栓して保管して下さい。