【乾燥肌】グリセリンがアトピーに効果的?「グリセリン」の保湿効果とは?

肌が乾燥すると、角質層が乱れてバリア機能が低下し、刺激に弱い状態になってしまいます。乾燥が進行すると、湿疹を起こしたり、痒みを感じるようになります。

グリセリンは乾燥による角質層の水分蒸発を抑制して肌を保護する成分で、幅広い化粧品や医療品に用いられる安全性の高い保湿成分です。

乾燥肌対策 グリセリン

グリセリンとは?

グリセリンとは、無色透明でシロップ状の甘みのある無臭の液体で、人や動物、高等植物や海草などにも幅広く存在する成分です。人においては皮下や筋肉などに「脂質」というかたちで蓄えられています。

グリセリンはとても水に溶けやすく、保湿作用や肌を柔軟にする作用があり、人体にも含まれる成分で毒性がほとんど無いことから化粧品や医薬品などに幅広く利用されています。保湿目的の化粧水やクリーム、美溶液などでは必ずといっていいくらいグリセリンが配合されています。

化粧水で保湿成分として用いられるグリセリンの濃度は、他の保湿剤を併用するかどうかで異なりますが、たいていは2~10%程度です。ひび割れやハンドクリームなどではさらに高濃度で40%配合されているものもあります。

グリセリンにはパーム油やヤシ油など原料とした植物由来の天然グリセリンと、石油を原料とする合成グリセリンがありますが、化粧品に使用されるのは植物由来の天然グリセリンです。

グリセリンの効果

  • 吸水性乾燥肌、乾燥による肌荒れ、ひび、あかぎれ、皮脂欠乏性湿疹。
  • おだやかな抗菌作用。(グリセリンを防腐剤として用いる場合は目安として30~40%ほどの濃度が必要です)。
  • 緩やかな抗アレルギー作用。

グリセリンを中心とした手作り保湿剤

グリセリンを中心とした防腐剤無添加の保湿化粧水であれば、材料さえ揃えれば簡単に作ることができます。準備するものは以下です。

  • 30~50ml程度のボトル・容器(早めに使い切るようにするため、小さい容器がいいと思います)。
  • 精製水(薬局で100円ほどで購入できます)。
  • 化粧品グレードのグリセリン(ネットなどの通販で購入できます)。

容器に精製水とグリセリンを入れ、混ぜて出来上がりです。

手作りのポイント

  • 濃度は10~30%程度ほどが目安です。
  • 清潔な環境で作りましょう。
  • グリセリンのみでは防腐効果が弱いため、冷蔵庫で保管し、2~3週間を目安に早めに使い切りましょう。

また、化粧品を肌と同じ弱酸性にしたい場合は、化粧品用のクエン酸(ネット通販などで購入できると思います)をごく微量加えます。クエン酸を配合しすぎるとpH値が強酸性になって肌への刺激になる可能性があります。(pH値を計るためにリトマス試験紙を用意するのもよいかもしれません)。

グリセリンの欠点

  • グリセリンは濃度が高すぎるとかえって肌への刺激になることがあります。
  • グリセリンに限らず、保湿剤は適切な濃度であれば肌の水分を保持してくれる作用がありますが、濃度が高すぎると肌の水分を吸い取ってかえって乾燥をまねくことがあります。
  • グリセリンには粘性があるため、配合量が多くなるとベタベタ感があります。