【アトピー】漢方薬はアトピー性皮膚炎に効果がある?

アトピー性皮膚炎は慢性的に症状を繰り返す傾向があります。

標準的な治療はステロイド外用薬を用いた方法ですが、民間療法として補助的に漢方薬がよく使用されます。

今回はアトピー治療に使用される漢方薬をご紹介します。

アトピー性皮膚炎と漢方薬について

アトピー性皮膚炎に使われる漢方薬

ジュクジュクした強い症状やかゆみをしずめる漢方薬(内服)

  • 消風散(しょうふうさん)
  • 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
  • 白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
  • 温清飲(うんせいいん)

カラダの機能を高めて乾燥肌を改善する漢方薬(内服)

  • 四物湯(しもつとう)
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

外用薬

  • 紫雲膏(しうんこう)
  • 太乙膏(たいつこう)
  • 中黄膏(ちゅうおうこう)

漢方薬の効果

アトピー治療における漢方薬の効果は個人差があるようです。症状が改善して痒みも治まったという人がいれば、かえって症状が悪化してしまったという人など様々なようです。また、漢方薬を使用していても、実際に効果があるのかはっきりわからないケースもあります。漢方薬の効果は人それぞれで、実際に試してみないとわからないことがあります。

アトピー性皮膚炎は多因子性疾患といって様々な要因によって引き起こされる症状であり、人それぞれアトピーを引き起こす原因が厳密には異なります。漢方薬が有効な人がいる一方で、効果が現れない人がいるのは、アトピーを引き起こす要因が異なるからだと考えられます。

漢方薬療法の問題点

アトピー性皮膚炎の治療において漢方薬は使用されるケースが多いですが、漢方薬にはいくつかの問題点があります。

  • 漢方薬の効能に様々な見解があり、効果が統一されていない。
  • 絶対的に有効な漢方薬があるわけでもなく、漢方医、薬局によって使用される漢方薬の違いがある。
  • 人によって合う、合わないがある。(合わない場合は増悪することもあるようです)。
  • 医師の間でもその是非について意見が分かれている。

医師の中には積極的に漢方薬をすすめる人もいれば、あまり肯定的ではない人もいます。

漢方薬だけに依存しない

ステロイドの副作用を考慮するあまり、漢方薬などの民間療法のみの治療に頼ってしまうケースも少なくないようです。その結果、かえって症状が重症化することの方が多いようです。

決して漢方薬だけの治療だけではなく、標準的なステロイド外用薬を用いた治療により、しっかりと症状をコントロールしていくことが重要で、漢方薬は補助的に用います。