衣類・洋服が原因でアトピー性皮膚炎が悪化する?

アトピー性皮膚炎のような敏感肌では、常に肌を清潔にするとともに、身につける衣類においても十分に清潔に保つ必要があります。

また、肌触りが悪い衣類が原因で症状を悪化させてしまうことも少なくありません。

今回はアトピーを悪化させない衣服選びのポイントをご紹介します。

肌への負担を軽減するポイント

身につけた下着、肌着は毎日洗う

敏感肌では、下着や肌着などの直接身に触れるものを特に清潔にする必要があります。例え、冬場などで汗をかいていなくても毎日変えるべきだと思います。

衣類は天然素材のものが良い?

身につける衣類は、合成素材よりも天然素材のほうが良いという意見をよく耳にしますが、やはり合成繊維よりも肌触りや吸湿性に優れる綿などの天然素材のほうがアトピー肌には適しているように思います。

シルクなどの繊維でも肌触りが良いですが、ダニが繁殖しやすい傾向があるといわれています。ただし、きちんと洗濯して清潔に保っていれば、あまり神経質になることはないと思います。

洗濯のすすぎは十分に行う

衣類を清潔にするには、洗濯をして十分に汚れを落とすことが重要ですが、洗剤で洗うことばかりに重点を置いてしまい、すすぎが不十分になって洗剤成分が衣服に残ってしまうことがあるようです。アトピー性皮膚炎のような敏感肌では、洗剤で洗う以上に水で十分にすすぐことのほうが重要だと思います。

また、節水タイプの洗濯機などでは十分にすすぎが出来ていないことがあるので注意が必要です。

買ったばかりの洋服は一度洗濯してから着るようにする

衣類によっては工場で作る際に化学薬品を使用していることがあります。それらを洗い落とすために買いたての衣類は一度洗濯してから着用したほうが良いと思います。また、色落ちが激しい洋服はあまり理想的ではありません。