【アトピー】プールの塩素系消毒薬はアトピー性皮膚炎の悪化原因?

アトピー性皮膚炎のような敏感肌では、高濃度の塩素が含まれるプールなどに入っていいのかと不安に思う人も多いようです。

お子さんのスイミングスクールも盛んであり、子供をプールに入れても大丈夫なのかという疑問は、アトピー症状をもつお子さんの親が共通してもつ心配事の一つのようです。

アトピー性皮膚炎とプール

プールに含まれる塩素系消毒薬がアトピー悪化因子?

プール内には、衛生上の問題から雑菌の繁殖を防ぐために塩素系の消毒薬が高濃度に含まれますが、それがアトピー性皮膚炎の悪化因子となることがあります。

塩素系の消毒薬は肌の負担が大きく、乾燥させる作用があります。通常はバリア機能によって保護されるのですが、アトピー性皮膚炎のような敏感肌では刺激が強いのです。

かつては「プールに入れば肌が鍛えられてアトピーが治る」といったことがいわれる時代もありましたが、現在ではプールに含まれる塩素系の消毒薬がアトピー性皮膚炎の悪化因子となるということが広く認識されるようになってきました。

症状が落ち着いたらプールに入っても問題ない

例えアトピーをもつ人であっても、症状が長期に渡って落ち着いていれば、プールに入っても問題ないと思います。ただし、プールから出たら必ず真水のシャワーを浴びてプールの水を十分に洗い流し、その後は保湿などのスキンケアをすれば症状を再発させるようなことはないと思います。

夏にプールや海水浴などで元気に活動し、健康的に日焼けしているようなお子さんの方が、アトピー症状が落ち着いていることが多いように思います。ただし、症状が悪化した場合はプールや海水浴は控えるようにしましょう。