紫外線はアトピーの悪化原因?「日焼け」とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のような敏感肌では、症状を悪化、再発させないために日常的なケアが必要になります。

その一つに紫外線ケアがあり、アトピー症状をもつ人は紫外線に対して極端に気を使う人も多いようです。

紫外線とアトピー性皮膚炎について

強い紫外線を浴びると肌にダメージを与える

強い紫外線を浴びたり、弱い紫外線でも長い時間浴びていると、肌がダメージを受けて肌トラブルを起こすことがあります。アトピー性皮膚炎のような敏感肌においても、紫外線を浴びることで症状が悪化することが多いです。

また、夏場では汗をかいて雑菌が増えやすいため、紫外線と汗の2つによってさらに強い負担を与えてしまうことがあります。そのため、アトピー性皮膚炎をもつ人、特に炎症が起こっている場合では基本的には紫外線に長い時間当たらないようにしたほうがいいと思います。

日焼け止めは必要?

強い紫外線がアトピー性皮膚炎を悪化させるケースもあるため、長い時間にわたって屋外ですごす際に日焼け止めを使用する人も少なくないようです。ただし、日焼け止めは肌への負担になることがあり、かえってアトピー症状を悪化させる原因になることもあるようです。

また、日焼け止めを落とすために、クレンジング剤も肌のの刺激が強いものを使用しないといけないこともあります。そのため、肌に湿疹がある場合は日焼け止めを使わないようにし、屋外に出る際は「日陰にいる」「大きめの帽子をかぶる」「日傘をさす」などの紫外線対策が理想的だと思います。

紫外線を浴びると肌が強くなる?

一般的に、紫外線というとシミや肌老化の原因になるものとして避けられる傾向があります。確かに紫外線は浴びすぎは良くないのですが、紫外線には殺菌作用や免疫安定作用があるため、適度に浴びれば強い皮膚になっていくと考えることができます。

実際に、紫外線の悪い影響ばかりがマスメディアで取り上げられ、現代では成長段階においても紫外線を浴びる機会が少なくなっているようですが、こういった現状がアトピー患者を増加させている原因だと考える医師もいます。

アトピー性皮膚炎の治療法に紫外線療法がある

アトピー性皮膚炎の治療法の一つに紫外線療法があります。これは、紫外線そのものに殺菌作用や免疫を安定させる働きがある効果を利用したもので、機械で患部に紫外線を当てて治療していきます。

紫外線療法は、アトピー性皮膚炎のような慢性的に繰り返す症状よりも、細菌感染(黄色ブドウ球菌などによる感染)や真菌(カビ)感染などの症状に適していると思います。