【アトピー】石鹸・洗顔料は低刺激性が良い?「スキンケア」のポイント

アトピー性皮膚炎のような敏感肌では、洗顔や保湿などの基本的なスキンケアが重要です。

肌に合わない石鹸や洗顔料、化粧水などを使用することで症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。

アトピー性皮膚炎に適したスキンケア

石鹸、洗顔料は低刺激性のものを

アトピー性皮膚炎は皮膚が敏感であるため、石鹸や洗顔料は刺激の少ないものにすべきです。多くの洗顔料には、洗浄力を高めるために刺激の強い成分が多く含まれていることがあり、敏感肌の人ではそれらの洗顔料は強すぎると思います。最近では敏感肌向けに無添加の化粧品も充実していますので、肌に合った化粧品を試してみましょう。

石鹸、洗顔料、ボディーソープは弱酸性が良い?

肌の表面は弱酸性でできているため、洗浄剤も弱酸性が良いという意見を聞きます。実際に弱酸性のものは肌への負担が少ないように作られています。ただし、弱酸性化粧品ではなくても自分に合っていれば問題ありません。また、弱酸性の洗浄剤は、汚れが落ちにくいという欠点があります。

皮脂が少ないと石鹸で洗う必要はない?

体を洗う目的は、皮脂汚れや細菌、汗、ほこりなどをしっかり洗い流すためです。石鹸などを使用しなければ、皮脂汚れや細菌は落ちにくくなります。また、石鹸を使わなければステロイド外用薬などの薬剤も落とせないままになってしまうと思います。炎症を帯びた乾燥肌であっても基本的に石鹸を使用して毎日体を洗うべきだと思います。

ただし、あまり乾燥がひどい場合や冬場などの汗をかかない時期、薬を塗ってない場合などにおいては、シャワーを浴びるだけでも良いと思います。

たくさんの泡でやさしく洗う

敏感肌の人は肌に負担をかけないために、石鹸をたくさん泡立て、その泡で優しく洗うようにしましょう。泡立てネットを使うと、簡単にたくさん泡立てることができます。

また、肌に負担をかけないために、柔らかいタオルを使ったり、手洗いしたほうが良いと思います。決してナイロンタオルなどの肌に負担が強いものは使用しないようにしましょう。

しっかりとすすぐことが重要

アトピー性皮膚炎の人で最も重要なのは、洗った後にしっかりとすすぐことです。石鹸やシャンプー、リンスなどの成分が肌に残っていると、その刺激で症状が悪化することがあり、特にリンスなどの成分は肌に残りやすい傾向があるため、使用を控えたほうが良いと思います。