お化粧・メイクがアトピー性皮膚炎の悪化原因?

アトピー性皮膚炎患者では、皮膚の赤みを隠そうとお化粧をしたいと希望するケースも男女問わず少なくありません。アトピー性皮膚炎のような刺激に対して敏感肌でもお化粧をすることができますが、肌への負担が少ない方法でなければかえって症状を悪化することにもなります。

症状を悪化や再発させないような化粧品選びや、不要になったメイクはすぐに落とすなどの対策が必要です。

アトピー性皮膚炎のお化粧のポイント

必ず敏感肌の化粧品を使う

アトピー性皮膚炎であっても、敏感肌用の負担が少ない化粧品であれば問題なく使用していいと思います。お化粧をすることで、顔へのアレルゲンが付きにくくなるメリットがありますし、皮膚の赤みや色素沈着がカバーされることで自信がつくと思います。

ただし、ファンデーションを塗る際は顔の湿疹が治ってからにしましょう。さらに症状を悪化させてしまう可能性があるためです。また、お化粧をする際は必ず保湿をして肌が乾燥しないようにします。

アトピー性皮膚炎だからメイクをしてはいけないなどと考えず、皮膚状態を見ながらできる範囲でお化粧すると良いと思います。アトピー性皮膚炎をもつ人でも、ファンデーション、眉、アイメイク、口紅などフルメイクをしてる人も多いですよ。

落ちにくいメイクは控える

落ちにくいアイメイクなどは肌への密着性を高めるために肌への負担がありますし、メイクを落とす際にも強い洗浄力があるタイプを使用する必要があります。敏感肌では水溶性のクレンジング剤や泡洗顔で簡単に落ちるようなメイクにしたほうが良いと思います。

眉を描く、簡単にアイラインを描く、口紅を塗るだけといった簡単なメイクで、肌に炎症がなければ、積極的にメイクをしていいと思います。ワンポイントメイクをして外出するだけで、ずいぶんと気分が明るくなるものです。

クレンジング剤に注意

メイクをすれば、そのメイクを落とすことも必要になります。メイクが残ったままではかえって肌トラブルにつながるためです。アトピー性皮膚炎のような敏感肌では泡洗顔で落とせるようなメイクが理想的ですが、化粧によってはクレンジングジェルを使用した方が良い場合もあると思います。

クレンジングジェルを使用する際はもちろん低刺激のものを使用し、たくさんの量を使ってやさしくマッサージし、肌への刺激を軽減するように洗いましょう。

クレンジングオイルは使用しない

クレンジングオイルはメイク落としとしては最もよく落ちますが、それだけ肌への負担が劇的に大きくなります。クレンジングオイルには乳化剤として大量の界面活性剤が入っており、そのおかげでオイルなのに水でスルスルと洗い流せるのですが、必要な油分や潤い成分などを極端に奪ってしまい、肌トラブルを起こしやすい傾向があります。

敏感肌ではない人でも肌荒れを起こすことがあるクレンジング剤であるため、アトピー肌においては使用しないようにしましょう。