アトピー性皮膚炎と蕁麻疹の症状の違いは?

アトピー性皮膚炎は多因子性疾患といって様々な要因が関与して引き起こされると考えられていますが、その中でもアレルギーと関連が最も大きいといわれています。

アレルギーと関連するアトピー性皮膚炎は、蕁麻疹などの症状にも影響していることがあります。

蕁麻疹とアトピー性皮膚炎について

蕁麻疹とは?

蕁麻疹とは、I型アレルギーといわれるIgE抗体が原因となって引き起こされる純粋なアレルギー疾患で、強いかゆみをともない、膨疹(ぼうしん)といわれる蚊に刺されたような赤く盛り上がった発疹ができます。

強いかゆみと、点状、線状、・円状、楕円状などの様々な形の発疹ができます。全身どこにでも現れる可能性があり、発疹の出ている部分は24時間以内に消えて、別の箇所に出現します。

たいていは数日以内に治まり、急性では2~3週間で治ります。一度限りでの場合もありますが、慢性的になることもあり、その場合は1ヶ月以上続くことが多いです。

蕁麻疹のようなI型アレルギーは即時型アレルギーといわれ、抗原(アレルゲン)が入ってくるとすぐに症状が発生します。また、蕁麻疹体質があると、普通はかゆみがでないニキビなどでもかゆみを伴うことがあります。

発症メカニズム・原因

アレルギーを起こす物質である抗原(アレルゲン)が体内に侵入すると、リンパ球はIgE抗体を作ってアレルゲンに備えようとします。その際にIgE抗体が肥満細胞(マスト細胞:ヒスタミンなどを蓄えている細胞)や好塩基球という白血球に結合し、そこから主にヒスタミンなどの化学物質を生み出すことで、アレルギー症状が引き起こされます。

蕁麻疹の原因は主に食品添加物などがありますが、発症パターンは20種類以上あるといわれており、はっきりと原因を特定することは難しいことが多いです。日頃から食べた食品やいつもと違った体調になった場合などを記録しておけば原因が絞られるため、メモなどに記録するようにするのも一つの方法です。

蕁麻疹ができやすいタイプは?

蕁麻疹はアレルギー症状であるため、アレルギーによって引き起こされる症状(花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎)をもつ人がなりやすい傾向があります。特に若い女性に多く現れ、アトピー体質の乳幼児では食物アレルギーによって蕁麻疹ができる傾向があります。

アレルギー疾患は遺伝的な影響も関与しているため、家族にアレルギーをもつ人がいれば高い確率で症状をもちます。

蕁麻疹をもつ検査

皮膚を引っ掻く

蕁麻疹をもつかどうかの判断は、皮膚を引っ掻く方法があります。通常では、皮膚を掻いても少し赤くなる程度ですが、蕁麻疹体質である人では、赤くなって掻いた部分が線に沿って盛り上がったりします。症状がない時にも行える検査方法の1つです。

血液検査

アレルギーをもつかどうかの判断は、IgEという値を計る血液検査があります。IgEの値が高いと、蕁麻疹がやアトピー性皮膚炎が起こりやすくなります。

治療法

蕁麻疹の治療には、抗ヒスタミン剤(抗アレルギー剤)の内服が中心です。一部のタイプの蕁麻疹では、ステロイド内服が必要な場合もあります。ステロイド外用薬は特に症状がひどい場合以外は使用しません。

薬には個人差がありますが、通常は数日服用して効果がない場合は薬を変更します。急性の蕁麻疹は、効果のある薬を服用すれば1~2週間で良くなります。

蕁麻疹とアトピーの関係は?

蕁麻疹と同様にアトピー性皮膚炎も、I型アレルギーが関与しているといわれています。この2つは症状には違いがありますが、人によっては発症パターンが部分的に似ていることがあり、例えば特に蕁麻疹に有効とされる薬を服用することでアトピー性皮膚炎の症状も改善することもあります。

蕁麻疹の症状がでているときにアトピー性皮膚炎も悪化することがあり、反対にアトピー性皮膚炎が悪化しているときに蕁麻疹を合併することもあることから、アレルギーが関連する疾患として深く関わっていることが考えられます。