アトピー性皮膚炎はIgE抗体(アレルギー抗体)が多いと発症しやすい?

アトピー性皮膚炎は症状の悪化と軽快を繰り返す皮膚疾患ですが、その原因は複雑なものがあり、今だに十分に解明されたとはいえません。

ただし、アトピー患者の特徴として血液検査で「IgE抗体」が多く検出されることがあるため、一般的にアトピー性皮膚炎はアレルギーとの関連性があるのではないかといわれています。

IgE抗体とは、抗原(アレルギーを起こす物質)が体内に侵入した時に反応して肥満細胞に伝える物質がIgE抗体です。このときにヒスタミンなどの物質が放出されてアレルギー症状を引きこします。IgE抗体はアレルギー抗体とも呼ばれます。

アトピー性皮膚炎とIgE抗体の関連性

アトピーとIgE抗体反応の関連は未解明

アトピー性皮膚炎はIgE抗体の反応が関係しているのでないかといわれています。ただし、IgE抗体が直接引き起こす反応は蕁麻疹(じんましん)、花粉症、気管支喘息などがありますが、アトピー性皮膚炎においてはIgE抗体がどのように症状と関連しているのか解明されたとはいえません。

アトピー患者は「IgE抗体」を産生しやすい傾向がある

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の診断基準の一つに、「IgE抗体を産生しやすい体質(アレルギー体質)の傾向がある」ということが表記されています。その一方で、アトピー性皮膚炎が蕁麻疹や花粉症などのように純粋なアレルギー疾患ではないということも併記されています。

実際にアトピー性皮膚炎患者においても、蕁麻疹や花粉症などの純粋なアレルギー疾患が全くみられないことがよくあります。「アトピー=アレルギー」という認識は誤りだと考えられます。

アトピーは単なるアレルギー反応ではない

日本皮膚科学会では、アトピー性皮膚炎は純粋なアレルギー疾患ではなく、皮膚の表皮(特に角質層)のバリア機能の異常による影響と、特異的アレルギー反応を含め様々な刺激が加わることで引き起こされる皮膚疾患と記載されています。

アレルギー検査による症状判断について

アトピー性皮膚炎はアレルギーとの関連があるといわれているため、血液検査によって「IgE抗体」を調べることがあります。ただし、アレルギー検査は悪化原因となっている可能性がある物質を調べるための検査であり、血液検査によって原因が確定するわけではありません。アトピー性皮膚炎は、血液検査の他に皮膚診断、症状が慢性的であるか、その他のアレルギー疾患などをもとに総合的に判断します。

血液検査によるアレルギー検査の信憑性

血液検査によってアトピー患者の「IgE抗体」を調べると、やはり多くのではダニやハウスダストに対するIgE抗体が陽性となります。ただし、アトピー患者の約2割の人ではIgE抗体が全く検出されないこともあります。

さらに、アトピー性皮膚炎ではない人においても、半数近くの人がダニ、ハウスダストのIgE抗体が陽性だったという報告例や、過去に蕁麻疹や花粉症などの純粋なアレルギー疾患を全くもたない人においても、そのうち約3割がダニやハウスダストのIgE抗体が陽性だったという報告例もあります。

ダニやハウスダストは空気中に必ず存在し、理論上では陽性であればアレルギー反応を起こすのですが、必ずしもそうでないことも多くあります。

皮膚のバリア機能を強化することで症状は予防できる?

IgE抗体が陽性であるのに発症しないケースや、IgE抗体が全くないのにアトピーを発症するケースなどから、いまだにはっきりと解明されていないアトピー性皮膚炎ですが、多くの場合ではアレルギーが悪化原因の一つになっていることがあるようです。そのため、アレルギーの原因になるアレルゲンの侵入を防ぐために、ステロイド外用薬によって素早く炎症をしずめ、皮膚のバリア機能をしっかり作ることが重要です。

ステロイド外用薬でしっかりと炎症を抑えると、しだいにバリア機能ができてきます。ステロイドの副作用を気にしすぎて中途半端な治療を行うのが最もよくありません。