【アトピー】ステロイドで色素沈着を起こすことがある?

アトピー性皮膚炎の治療において、ステロイドを使用すると皮膚が黒ずんでしまうといわれることがあります。

ところが、実際には炎症が続いていることで皮膚が色素沈着をおこしているといわれています。治療が不十分になっている場合ほど、色素沈着が悪化しやすいようです。

アトピー性皮膚炎による色素沈着

皮膚の炎症による色素沈着

皮膚が炎症を起こすと、その防御反応としてメラニン色素が生成されます。アトピー性皮膚炎によって慢性的に皮膚の炎症を引き起こせば、メラニン色素の生成が増え、きちんと治療しなければ長期的には皮膚が黒ずんでしまうことがあります。特に皮膚の黒ずみは首元にできやすい傾向があります。

ステロイドによって色素沈着を起こす?

メディアの影響などによってステロイドの副作用が必要以上に問題視されるようになり、その一つにステロイドの副作用の影響によって皮膚が黒ずんでしまうと思っている人が多く、そのためにステロイド治療を避ける人がいますが、ステロイド外用薬の影響で皮膚が黒ずむのではなく、治療によってきちんと炎症を抑えないことでメラニン色素が過剰生成され、皮膚の黒ずみを引き起こすと考えられています。

ただし、顔などの皮膚の薄い部分においてはステロイド反応が良くなるため、場所やステロイドの強さによっては皮膚の赤みなどを引き起こす可能性はあります。

顔のアトピー性皮膚炎はプロトピック軟膏

アトピー性皮膚炎の標準的な治療法はステロイド外用が中心ですが、顔や首では皮膚が薄く薬剤が効きやすいため、ステロイドの副作用(皮膚の赤みや皮膚萎縮など)が強く出る傾向があります。そのため、顔や首元においては一般的に「プロトピック軟膏」という免疫抑制剤を使用することが多くなっています。

プロトピック軟膏は、主成分がタクロリムスという抗炎症作用をもつ免疫抑制剤で、ストロングレベルのステロイド外用薬とほぼ同程度の効果があるといわれています。

ステロイドの副作用は?

ステロイドには副作用があります。使用する前からステロイドに対して悪い印象を持ちすぎるのは良くありませんが、強いステロイドを使ったり、使用期間が長期になると副作用が出るリスクを理解しましょう。ステロイドによる副作用には以下のようなものがあります。

皮膚萎縮

強いステロイドや長期使用によって皮膚が萎縮して皮膚が薄くなります。これは表皮層も真皮層も薄くなっていきます。表皮層が薄くなるスピードのほうが速いです。

ステロイド潮紅

皮膚が薄くなることで皮膚が赤くなる現象です。また、血管がもろくなることで毛細血管拡張を起こし、皮膚が赤みを帯びるようになります。

毛細血管拡張

毛細血管が拡張して網目のように見えるようになります。毛細血管が弱くなることによるものです。

ステロイド紫斑

内出血しやすくなる現象です。

ステロイドにきび

ステロイドによってにきび、吹き出物、ブツブツができやすくなります。

体毛が濃くなる

ステロイドの影響で毛が濃くなります。

口囲皮膚炎

口元が赤くなり、ブツブツやガザガザができるようになります。これはステロイドによって口周りの皮膚が薄くなることや、ステロイドによって免疫が低下することによるものです。

細菌感染・真菌感染

黄色ブドウ球菌や真菌(カビ)などに感染して細菌による皮膚症状になりやすくなります。これはステロイドが免疫を抑制する働きがあるためです。免疫低下を起こして感染症にかかりやすくなります。

ただし、ステロイドを使ったからといって必ずこれらの症状が引き起こされるものではありません。また、副作用があるからといって炎症が強く起こっているのに、ステロイド外用剤の治療を避けるようなことはしないで下さい。(アトピー性皮膚炎の標準治療はステロイド外用薬を使って症状をコントロールしながら治療するのが基本です)。