【アトピー】ステロイドは使い続けると効かなくなる?「ステロイド耐性」

アトピー性皮膚炎の標準的な治療法はステロイド外用剤を用いた治療が中心です。

そのため、しっかりと治療をするためには通常はステロイド外用薬を使用する必要があるのですが、使用を続けると「ステロイド漬け」となって薬が効かなくなるのではないかという不安をもつ人が多くいます。

ステロイドの耐性について

ステロイドを使い続けると体が慣れてくる

ステロイド外用薬の使用を継続していると、しだいに体が慣れてきて耐性が出てくるといわれています。最も高い効果が出るのは使用開始直後であり、使用継続とともに薬慣れしてくるといわれています。

ステロイド外用剤が効かなくなることはない

様々な皮膚科医に相談してみると、ステロイド外用薬を使用することである程度の耐性ができるとしても、ステロイド外用薬が全く効かなくなるということはないようです。長年ステロイド外用薬を使用している患者においても、ステロイド外用薬が効かないような例はないといわれ、多くのケースでは適切な強さのステロイドを使用していないことから「効かなくなった」と考えてしまう人が多いようです。

脱ステロイド治療による症状悪化

ステロイド外用剤には副作用があることや、ステロイドに耐性ができてステロイドそのものが症状を深刻にしているのではないかと考える人も多いようです。そしてステロイド外用薬による治療を中止し、民間療法に切り替える人も少なくないようですが、症状がかえって悪化しているケースがほとんどです。アトピー性皮膚炎は、慢性的に憎悪と軽快を繰り返す症状であるため、ステロイド外用薬によってきちんと炎症を抑えることが重要です。

ステロイド外用薬の効果を上げる方法

薬の形を変えると効果が変わる

ステロイド外用薬は、同じ強さに属する薬でも剤形を変えることで効果が違ってくるといわれています。ステロイド外用薬には、軟膏、クリーム、ローション、テープなどの様々な剤形がありますが、思うように効果が得られない場合は、肌が乾燥していれば軟膏タイプ、夏場はクリームタイプやローションタイプなど、薬の形を変更してみるのも良いかもしれません。

炎症部位によってはステロイドテープが適していることもあります。

塗り方、使用法を変えると効果が高くなる

ステロイド外用薬は塗っただけでは薬剤が服などについて効果が薄れてしまうことがあります。より高い効果を得るには、ステロイド塗布後に包帯や食品用のラップなどをかぶせて薬剤を浸透させる方法もあります。これは重度のアトピー患者に用いられることが多いです。

この方法は、効果がある反面、ステロイド外用薬の副作用が現れやすい傾向があります。そのため、自己判断で行うのではなく医師のもとで行うべきです。