妊娠中のアトピーにステロイドを使用してはいけない?

アトピー性皮膚炎はステロイド外用薬を中心とした治療が一般的ですが、ステロイドには副作用があることから、薬そのものに不安をもつ人も多く、特に妊娠中や授乳中のステロイド外用薬の使用に対して不安に思う人は少なくないようです。

アトピー性皮膚炎について様々な情報が氾濫しており、妊娠中や授乳中にステロイド外用薬を使用すると、産まれてくる子供にまで影響してしまうのではないかという情報を目にすることがあります。

妊娠期・授乳期とアトピー治療について

妊娠期はステロイド外用薬を使うべきではない?

ステロイドという物質は、外用薬として使用しなくても体内の副腎皮質というところで作られており、わずかに構造に違いがあるものの、同じ物質として基本的に体内で同じ作用をもちます。そして、外用薬としてステロイドを使用しても体内に吸収されるのはごく微量で、極端な量を使用しなければ体内においての副作用はゼロといえます。

それらの理由から例え妊娠期であっても塗り薬としてステロイドを使用する場合では全く問題ないということが一般的であり、ステロイド外用薬が原因で産まれてくる子供になんらかの影響があったという事例は確認されていません。

妊娠したからといってステロイドを中止すれば、皮疹やかゆみが悪化してそれが精神的に苦痛となり、かえって産まれてくる子供に対して悪影響を及ぼすことも考えられますので、妊娠してもステロイド外用薬による治療は継続しましょう。

ステロイド内服治療は中止する?

重度のアトピー患者においては一時的にステロイドの内服薬を用いることがあり、ステロイド内服薬の使用は、外用剤として使用するよりもはるかに体内への影響が強く副作用も強くなるといわれています。ただし、妊娠中においても医師の適切な指導のもとで治療を行えばステロイド内服による治療を行えないわけではないと思います。

実際に、膠原病などの治療では長期にステロイド内服薬を使用しているケースがありますが、上手に薬の量をコントロールして妊娠・出産するケースが普通となっています。妊娠期においてもステロイド内服薬を使用することはできますが、それでも避けられる傾向はあると思います。

プロトピック軟膏は中止する

プロトピック軟膏というタクロリムス主成分の薬は、ステロイド外用薬でいうところのミディアムクラスからストロングクラスの効果があり、副作用が少ないことから主に顔や首あたりの症状に用いられますが、妊娠中には使用禁止となっています。その理由は動物実験において大量に使用した場合に、催奇形性のリスクがあることがわかったためです。

これは動物実験で、しかも大量に使用した場合のデータであり、人間においてはあまり神経質になることはないと思います。プロトピック軟膏などのタクロリムス外用薬の一日の上限使用量は10g以内であり、このレベルの量であれば妊娠中であっても問題ないという医師もいるようですが、原則的に妊娠が発覚したらプロトピック軟膏は中止するようにしましょう。

妊娠中の食事制限は子供へのアトピー遺伝を予防する?

妊娠中に食事制限を行うことで産まれてくる子供のアトピー発症の確立が減少するという研究データが一時発表され、現在までこれに関連した情報が氾濫していますが、アトピー性皮膚炎の治療ガイドラインでは妊婦が食物制限しても産まれてくる子供のアレルギー疾患の発症予防には効果がなかったとされています。

同様に授乳期にも食事制限を行っても子供へのアレルギー疾患予防効果は証明されていません。