【アトピー治療】非ステロイド薬一覧「効果と副作用」

アトピー性皮膚炎は、ステロイド外用薬を中心とした治療が標準ですが、場合によっては他の薬を使ったほうが良い場合があります。

ここではステロイド外用薬以外の治療薬(外用薬・内服薬)を紹介します。

外用薬

プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)

副作用リスクを抑えた外用免疫抑制剤で、副作用の反応が出やすい顔や首元において、ステロイド外用薬の代わりに使用されることが多い薬です。分子量が大きいため、バリアが破壊された炎症部分に効き、正常な部分には影響を及ぼしません。効き目はミディアムからストロングクラスのステロイド外用薬です。

アンダームクリーム、スタデルムクリーム

外用剤として、「アンダームクリーム」や「スタデルムクリーム」などを使用することがあります。どちらも緩やかな効果で、ステロイド外用薬ほど劇的な効果はないといわれています。接触性皮膚炎を起こして皮膚がかぶれたりすることがあります。

抗ヒスタミン外用薬

かゆみ止めとして、レスタミン軟膏などの抗ヒスタミン外用薬を使用することがあります。痒みは抑制されますが、炎症を抑える効果は低いとされています。

亜鉛華軟膏

掻破による傷がある場合にはステロイド外用薬と共に亜鉛華軟膏を使用することがあります。

内服薬

抗アレルギー剤

抗アレルギー剤は、皮膚のかゆみや炎症を抑制するために用いられます。痒みによって皮膚に触ったり掻いたりして、それが炎症悪化となっているケースがあることから、抗アレルギー剤を積極的に服用したほうが良い場合があります。また、ヒスタミンが炎症を悪化させる作用があることから、抗アレルギー剤を使用したほうが良いケースがあります。効果を得るには継続的に飲む必要があります。薬剤名では、「ジルテック」「アレジオン」「エバステル」「クラリチン」「アゼプチン」「アレロック」「ダレン」「レミカット」「ゼスラン」などがあります。

イブプロフェン

イブプロフェンなどの、風邪薬などの成分である消炎・鎮痛薬が用いられることがあります。

免疫抑制剤

免疫抑制剤として、「ネオーラル」「プログラフ」などが処方されることがあります。これらは、リンパ球の活性を抑制してアレルギー反応を軽減します。免疫を抑制するため、他の感染症にかかるリスクもあります。

睡眠薬・抗うつ剤

かゆみが強くて睡眠がとれない場合に使用することがあります。