アトピー性皮膚炎に効果的な抗アレルギー剤・抗ヒスタミン薬一覧

アトピー性皮膚炎の特徴は皮膚の炎症と痒みが続くことです。

アトピーの標準的な治療はステロイド外用薬が中心ですが、痒みが強い場合は同時に抗アレルギー剤(抗ヒスタミン薬)を服用すると症状が軽快することがあります。

抗アレルギー剤とは?

抗アレルギー剤とは、アレルギー症状を起こす物質を抑制する薬で、主に抗ヒスタミン作用によるものがほとんどです。アトピー性皮膚炎において、抗アレルギー剤は、通常はかゆみや炎症を起こしにくくするために用いられます。かゆみが強い場合は、抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)を服用し、かゆみによって皮膚を掻いてしまって症状を悪化させることも少なくなります。

また、抗アレルギー剤を飲んでいるほうが皮膚の炎症が劇的に抑えられるケースもあります。ヒスタミンには炎症を悪化させる作用があり、そのヒスタミンの働きを抑制することで炎症が抑えることができます。抗アレルギー剤の使用によって、アトピーの症状が劇的に改善していく人は多いです。

服用継続することで多くのケースでは改善に向かうことが多いですが、反対に抗アレルギー剤であまり効果を得られない人も少なくありません。抗アレルギー剤はアレルギーの原因そのものを治すのではなく、あくまでも対症療法です。アトピー性皮膚炎を含むアレルギーが要因とされる症状の強さは様々であり、抗アレルギー剤が有効な人とそうでない人がいます。

抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤は違う?

「抗アレルギー剤」と「抗ヒスタミン剤」では作用が少し違います。抗アレルギー剤は、ヒスタミンが存在するマスト細胞に作用して幅広いアレルギー症状を緩和する働きがあります。一方、抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンそのものの働きブロックして痒みをしずめます。ただし、抗アレルギー剤は一部を除いてほとんどは抗ヒスタミン作用も有しています。

抗アレルギー剤について

抗アレルギー剤は、ステロイド外用薬で皮膚症状を抑えたうえでかゆみを起こしにくくするために処方されます。眠気が出るといった副作用がありますが、それ以外の大きな副作用の心配が少ないため、長期的に使用することができるのもメリットの一つです。また、長期的(1か月以上)に飲まなければ効果がはっきりと現れにくい傾向があります。

抗アレルギー剤の種類

アトピーに使用される抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬には以下のような薬剤があります。(カッコ内は代表的な商品名)

抗ヒスタミン薬(第一世代抗ヒスタミン薬)

シプロヘプタジン(製品名:ペリアクチン)、クロルフェニラミン(製品名:ポララミン)、クレマスチン(製品名:タベジール)、ヒドロキシジン(製品名:アタラックス)、ヒドロキシジン(製品名:アタラックス)。

第一世代の抗ヒスタミン薬は即効性があります。ただし、眠気や口の渇きなどの副作用が現れやすいのが難点です。

抗アレルギー剤(第2世代抗ヒスタミン薬)

1日1回飲むタイプ・・・セチリジン(製品名:ジルテック)、エピナスチン(製品名:アレジオン)、ロラタジン(製品名:クラリチン)、エバスチン(製品名:エバステル)。
1日2回飲むタイプ・・・フェキソフェナジン(製品名:アレグラ)、ベポタスチン(製品名:タリオン)、アゼラスチン(製品名:アゼプチン)、エメダスチン(製品名:ダレン、レミカット)、オロパタジン(製品名:アレロック)、ケトチフェン(製品名:ザジテン)、オキサトミド(製品名:セルテクト)、メキタジン(製品名:ゼスラン)。

アトピー治療に良く使用されるのが第二世代抗ヒスタミン薬です。第二世代抗ヒスタミン薬は抗アレルギー剤ともいわれます。即効性は第一世代抗ヒスタミン薬よりも弱いですが、眠気などの副作用が少ないメリットがあります。また、抗アレルギー薬は飲み続けることでしだいにしっかりとした効果を得られるようになります。

抗ヒスタミン作用をもたない

トラニラスト(リザベン)、トシル酸スプラタスト(アイピーディ)、クロモグリク酸ナトリウム(インタール)

ただし、抗ヒスタミン作用をもたない抗アレルギー剤は、アトピーのかゆみを抑える効果は弱いです。

抗アレルギー剤による副作用の多くは眠気

アトピー性皮膚炎患者に対して処方される抗アレルギー剤による副作用で多いのは眠気です。(副作用は体質によって大きく個人差があります)。眠気がでるからと薬を服用しない人も少なくないようですが、近年では眠気がでない抗アレルギー薬も次々と登場しています。

薬剤名では「アレグラ」「クラリチン」などはほとんど眠気を生じることはないといわれています。特にアレグラは眠気もその他の副作用も少なく、長く使える非常に良いお薬です。アレグラはアトピー治療に一般的に処方される薬となっています。また、「アレジオン」「エバステル」「ジルテック」なども眠気は起きにくいといわれていますが、試してみないとわかりません。

反対に眠気が出る副作用を有効に利用し、昼間は眠気が出ない薬、夜は眠気がおきる薬というように使い分けることもできます。痒みが強くてしっかり睡眠がとれない場合に、眠気が生じる副作用によってしっかり就寝できるようになり、痒みによって目が覚めるということがなくなるかもしれません。

痒みが強く十分な睡眠がとれない場合は、必要に応じて睡眠薬や抗うつ薬を使用することがあります。