【アトピー治療】ステロイド注射した方が良いアトピーの状態とは?

アトピー性皮膚炎の標準的な治療はステロイド外用薬を用いた治療が一般的です。

ただし、標準的な治療ではなかなか治らない症状もあります。そのようなケースの一つにステロイドを直接皮下注射した方法が有効な場合もあります。

ステロイド注射を行ったほうが良い場合

イボのような皮疹ができた場合

アトピー性皮膚炎が慢性的になると結節をともなう痒疹(結節性痒疹)を生じることがあり、皮膚がイボのように硬くなった皮疹がたくさんできることがあります。そのような場合でも基本的にはステロイド外用薬を使った治療が中心ですが、それでも効果がない場合は医師の判断によりその部分にステロイドを直接皮下注射することもあります。

アトピー性皮膚炎は、標準的な治療であるステロイド外用薬を塗布する方法では良くならない場合があります。症状がさらに悪化しないうちに大胆な方法で素早い治療をしたほうがよい場合もあります。

医師に硬い皮疹が治らないことを伝える

多くのアトピー患者では毎日のように皮疹の状況や皮膚の硬さなどを医師に診てもらうようなことはないと思います。また、医師も患者の症状の変化をはっきりと覚えていない場合もあります。そのため、医師任せにするよりも患者側が積極的に症状の変化を伝えるようにしましょう。例えばどこの皮疹が硬くなって治らないのかを医師に告げると、それに応じた治療を行ってくれると思います。