アトピー性皮膚炎の標準的な治療法とは?

アトピー性皮膚炎の治療は、基本的にステロイドの外用が標準治療ですが、民間療法を含めると様々な方法が用いられています。

どの方法で治療を行うにしても適切な治療を行わなければかえって悪化したり、副作用が強く出ることがあるため、きちんと治療法を理解してから行いましょう。

アトピー性皮膚炎の一般的な治療法は?

ステロイド外用薬

アトピー性皮膚炎の標準治療はステロイド外用薬を使った治療が中心ですが、剤型には「軟膏タイプ」「クリームタイプ」「ローションタイプ」「テープ」など様々な種類があります。(一般的には軟膏タイプが中心です)。また、ステロイドの強さは5段階に分けられています。

  • I群:ストロンゲスト・・・最強レベルのステロイド。長期的には使用できない。
  • II群:ベリーストロング・・・ストロングより強い効果があるステロイド。
  • III群:ストロング・・・強いステロイド。種類が多い。
  • IV群:ミディアム・・・やや弱い~中間レベルのステロイド。軽度のアトピーに用いられる。
  • V群:ウィーク・・・ゆるやかなステロイド。軽症の場合に使用される。

症状が強い場合は「ストロング(強い)」レベル以上を使用し、強いステロイド剤を使用する場合は短期間で素早い治療をします。症状がおちつくと「ミディアム(中間)」レベルのステロイドへ落としていき、少しずつステロイドの量を減らしていきます。

また、症状が悪化しているのにもかかわらず、副作用を考慮して弱いレベルのステロイドしか使わず症状が長引いている人が多いですが、症状に対して適切なレベルのステロイド外用剤を使用して素早く炎症をしずめ、炎症やかゆみが治まったらしだいにステロイドの強度を落としていきます。

ステロイド外用薬は、処方される種類によって異なりますが、朝と夜の2回皮膚に塗布するのが原則です。また、使用したステロイドの強さや種類、治療期間を記録するようにしましょう。

顔や首にはプロトピック軟膏(外用免疫抑制剤)

顔や首は皮膚が薄く、薬剤の効果も高いため、ステロイドの副作用(皮膚が薄くなる、赤くなるなど)の影響も比較的に強くなります。そのため、顔や首元にはなるべくステロイド外用薬を使用せずに「プロトピック軟膏」という外用免疫抑制薬を使用することが多くなっています。

プロトピック軟膏の小児用では2歳以上で使用可能です。

免疫抑制剤(内服)

症状が強い場合やステロイドの外用治療が効きにくい場合は、ステロイド外用治療と同時に免疫抑制剤を内服したほうが良い場合があります。免疫抑制剤の内服薬には「ネオーラル」「プログラフ」などがあります。

抗アレルギー剤(かゆみを抑える目的)

抗アレルギー剤は、かゆみを起こしにくくするために用いられます。アトピー性皮膚炎に用いられる抗アレルギー剤は以下のようなものがあります。

抗ヒスタミン作用あり(製品名)

1日1回タイプ・・・ジルテック、アレジオン、エバステル、クラリチン。
1日2回タイプ・・・アゼプチン、アレロック、ザジテン、ダレン、レミカット、タリオン、ゼスラン、アレグラ、セルテクト。

このうち、アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)は眠気を起こしにくいことから良くアトピー治療に使用されます。ジェネリック医薬品(フェキソフェナジン錠など)も多く登場しています。

抗ヒスタミン作用なし

リザベン、アイピーディ、インタール。

軽症の場合は保湿剤だけで良い場合も

乾燥状態が強く、バリア機能が低下して軽い湿疹やかゆみを起こしている場合は、保湿剤を塗布することで改善することもあります。夏は保湿効果の高い成分が配合されたローションタイプ、冬は尿素やワセリン入りのクリームタイプの保湿剤などが処方されます。

薬剤名では、「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」「プラスチベース」「アズノール軟膏」「亜鉛華軟膏」などの保湿剤を皮膚科で処方してもらうことができます。

他にも、症状が極端に強い場合はステロイドの内服治療という方法もありますが、ステロイドの内服は外用治療と違って副作用のリスクが大きいため通常は用いられません。また、民間療法では様々な方法での治療が用いられていますが、日本皮膚科学会ではステロイド外用を中心とした治療が標準としています。