アトピー性皮膚炎の検査方法一覧

アトピー性皮膚炎は多因子性疾患といって様々な要因によって引き起こされると考えられています。

そのため、はっきりと原因を特定するのは難しいこともありますが、アトピー素因をもつ可能性があるかどうかという判断は血液検査によって調べることができます。

アトピー、アレルギーの検査方法は?

アトピー素因(アトピー性皮膚炎を発症しやすい要因)をもつかどうかの判断は一般的に血液検査によってリンパ球の数、好酸球、IgE抗体(アレルギー抗体)などの値や反応を調べることで判断します。

IgE-RAST法

IgE-RAST法といって、血液中にダニ、ホコリ、ハウスダスト、卵などのアレルゲンに対するIgE抗体の量や反応を調べ、アレルギー反応を起こす可能性があるアレルゲンを検査します。アトピー性皮膚炎患者に血液検査をすると、様々なアレルゲンに対してアレルギー陽性反応があることが多く、IgE抗体が多ければアトピー素因をもつ傾向があると考えられます。

ただし、ここでアレルギー陽性反応が出ても、必ずしもアトピー性皮膚炎を引き起こすわけではありません。実際に、様々なアレルゲンに対してIgE抗体をもっている人でもまったく症状が出ないケースも少なくありません。

IgE-RIST法

IgE-RIST法とは、血液中の「総IgE抗体量」を調べる検査です。総IgE抗体量が高い人ほどアトピー素因をもつ傾向があると考えられます。一般的にアトピー患者の人ではアレルギー性鼻炎や気管支喘息などのほかのアレルギー疾患の人よりもIgE値が高くなるといわれています。成人のIgEの正常値は170IU/ml以下程度だといわれますが、アトピー患者では50000IU/mlを越えることも珍しくありません。

人によっては炎症が悪化しているのにもかかわらず総IgE値が高くならないケースもあります。

血液検査で好酸球の値を調べる

血液検査によって白血球の中の一つである「好酸球」を調べます。体のどこかで炎症が起こると好酸球の値が高くなり、炎症がなくなってくると値が低くなります。好酸球の値は、アトピー素因をもつかどうかというよりも、炎症が起こっているかどうかを調べる目安です。

アトピーとアレルギーの関係性については、血液検査などだけではなく、気管支喘息やアレルギー性鼻炎などの病歴があるかどうかや症状診断などを考慮して総合的に判断し、血液検査などで陽性反応が出たからといって「アトピー性皮膚炎」と判断すべきではありません。血液検査のみの診断で食物アレルギー反応が出たからといって極端な食事制限を指示する医師がいますが、あくまでも血液検査は参考程度とすべきです。