アトピー性皮膚炎と似た皮膚病との見分け

皮膚が炎症を起こしている、カサカサしている、ザラザラしている、かゆみがある、などの症状は一般的にアトピー性皮膚炎の疑いが高くなりますが、必ずしもそうではなく、アトピー性皮膚炎に似た症状はたくさん存在します。

医師は患者から症状を聞き、実際に見て触ったりすることで症状を判断します。また、アトピー性皮膚炎と診断されるには、アトピーができやすい部分(ヒジやヒザの内側・裏側など)に慢性的に皮膚の炎症やかゆみがあるかどうかが大きな判断要素になります。それ以外の症状では一時的な症状だとみなされます。

アトピー性皮膚炎に似た症状

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは、特定の物質と直接皮膚に接触したことが原因で起こる皮膚の炎症で、「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」の2種類に分けられます。刺激性接触皮膚炎は、主に強い酸、アルカリ性洗剤などに触れることで引き起こされるケースが多いです。また、アレルギー性接触皮膚炎は、アレルギー原因物質に触れることで引き起こされ、有名なところではゴムアレルギー、金属アレルギーなど無数にあります。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は、皮脂を好む真菌(主にマラセチア属真菌)が繁殖することで引き起こされるといわれています。免疫が低下した時や、皮脂分泌が増えた時に発症しやすく、乳児期や高齢になると発症しやすいです。常に皮膚を清潔に保ち、ビタミン剤やニゾラルローションなどの抗真菌剤を使用することがあります。

皮脂欠乏性湿疹

皮脂欠乏性湿疹は、皮脂やセラミドなどの不足で皮膚が乾燥して乾皮症と呼ばれる状態に移行し、その一部から湿疹を生じる皮膚疾患です。高齢者に多く、乾燥する冬場に悪化する傾向があり、痒みをともないます。保湿剤を中心にステロイド外用薬、炎症やかゆみ止めとして抗アレルギー剤を内服します。

汗疹(あせも)

汗疹(一般的にはあせも)は、発汗時に小水疱や小丘疹が出現する皮膚疾患で、特に多く汗をかきやすい夏場に発症しやすいです。汗をかいたらシャワーを浴びる、肌を清潔に保つ、エアコンで温度と湿度をコントロールすることなどの対策をすれば、通常は数日で改善します。

乾癬

乾癬(かんせん)は、皮膚が角化する皮膚疾患で、多くは慢性的である尋常性乾癬であることがほとんどです。ストレスや気温・季節の変化、高脂肪食品の摂取などで症状が悪化しやすい傾向があります。ステロイド外用薬や保湿剤が中心の治療になります。

魚鱗癬(ぎょりんせん)

魚鱗癬(ぎょりんせん)は、魚の鱗(うろこ)のように皮膚の表面が硬くなり、剥がれ落ちる皮膚疾患です。原因は、遺伝的な影響が関係しているといわれています。皮膚症状がアトピー性皮膚炎よりもはっきりと現れます。

皮膚リンパ腫

皮膚リンパ腫は、皮膚の腫瘍で、アトピー性皮膚炎と似たような皮膚症状が出ることがあります。皮膚リンパ腫といっても多くの種類があり、あまり症状が出ないケースもあれば、発疹ができる、皮膚にしこりができる、皮膚が赤くなる、など症状は様々です。