【アトピー】子供(赤ちゃん・乳幼児)のアトピー性皮膚炎の特徴とは?

アトピー性皮膚炎患者の約80%は5歳までに発症するといわれています。

特に乳児期では、肌はデリケートで体の発育も未熟であるため、アトピー性皮膚炎だけではなく、様々な皮膚トラブルを起こしやすい傾向があります。

乳児~子供のアトピー性皮膚炎の特徴

  • 湿潤タイプの湿疹が、おでこや目のまわり、頬、耳たぶの付け根などの顔を中心とした部分に現れやすい。
  • 耳切れといわれる耳の下が切れる現象がよくみられます。
  • 湿疹が体のほぼ左右対称の位置に現れ、症状が重くなるとカサブタがでてきます。
  • 成長とともに次第に乾燥タイプの湿疹に変化していき、皮膚が厚くザラザラしてきます。また、症状も首の周り、ヒジの内側、ヒザの裏側などへと移っていきます。
  • 貨幣状湿疹という強いステロイド外用薬を使用しないと治りにくいしつこい湿疹が合併することが多い。
  • アトピー性皮膚炎の合併症として、「伝染性膿痂疹(とびひ)」「伝染性軟属腫(水いぼ)」「カポジ水痘様発疹症」などの感染症を発症しやすい傾向があります。
  • アトピー性皮膚炎の症状が目安として2ヶ月以上続きます。

子供のアトピー性皮膚炎の原因は?

子供のアトピーは食物アレルギーが原因?

アトピー性皮膚炎は食物アレルギーが関与している場合も考えられます。特に2~3歳くらいまでは一般に消化管の発育が未熟であるため、食物アレルギーを起こしやすい傾向があり、それが部分的にアトピー性皮膚炎と関連しているのではないかといわれています。

ただし、食物アレルギーの疑いがあっても、そのアレルゲンを特定することは難しいケースもあるので、特定のものを食べて極端に症状が悪化したり、急に体調が悪くなったりした場合などを除いてあまり神経質に食べ物に対して気を使う必要はないと思います。アレルギーを気にして子供に食事制限をすることは成長を阻害することにもつながることがあります。

アトピー患者がアレルギー体質であることが多いためアレルギーとの関連が疑われていますが、アトピー性皮膚炎は必ずしもアレルギーが関係して引き起こされるとは限りません。例えば、血液検査においてIgE抗体がないのにアトピーを発症する場合や、IgE抗体が多いのに発症しない場合など、様々なケースが存在します。医師によっても小児のアトピー性皮膚炎に食物アレルギーがどれくらい関与しているのか見解がバラバラですが、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーは別の症状であるという考えが一般的です。

ダニ、ハウスダストなどのアレルゲンの影響

食物アレルギーの他に、ダニやハウスダスト、動物の毛、皮膚内の細菌などのアレルゲンの影響が考えられます。ダニやハウスダストをゼロにすることは事実上不可能ですが、症状を悪化させないように肌を清潔にし、部屋掃除などもこまめに行いましょう。また、炎症を起こしたらバリア機能が破綻しないように素早く炎症を抑える治療が必要です。

乳児の皮膚は菌が繁殖しやすい

乳児の皮膚は水分量や皮脂量、発汗量が多いため、細菌や真菌(カビ)が繁殖して皮膚炎を引き起こしやすい傾向があります。そのため、乳児湿疹や脂漏性皮膚炎という皮膚炎を起こすことがよくあります。

乳児湿疹や脂漏性皮膚炎は、どちらもアトピー性皮膚炎に似ている症状の一つです。乳児期の皮膚炎の症状はアトピー性皮膚炎との見分けがつきにくいことがよくあります。

赤ちゃんの皮膚はバリア機能が弱い(刺激に弱い)

成長することによって皮膚は強くなっていきますが、乳児期までの皮膚はとてもデリケートです。涙やよだれ、食べ物などが顔につきやすく、他にも無意識のうちに皮膚に触ったり、掻いてしまうことなどが原因で刺激となり、皮膚のバリア機能が乱れて皮膚トラブルが悪化することがあります。

乳児期では肌がとてもデリケートなので低刺激の石鹸で肌を清潔にしてあげましょう。また、皮膚を掻かないように爪を深めに切っておくとよいと思います。

子供のアトピー性皮膚炎の治療法は?

ステロイド外用薬、プロトピック軟膏、アンダーム

非ステロイド系抗炎症薬の「アンダーム」という薬や、2歳以上では「プロトピック軟膏」という外用免疫抑制剤が有効です。炎症がひどい場合はステロイド外用薬を使うこともあります。その際はステロイドの副作用に対して神経質にならずに、しっかりと塗ってきちんと治療しましょう。

アンダームは、高い確率で接触性皮膚炎を起こして皮膚がかぶれたりすることがあります。また、プロトピック軟膏は最初はやや刺激を感じることがあり、その刺激で痒みを引き起こすことがあります。

ぜんそくなどの症状がある小児では小児科へ

子供のアトピーの場合、皮膚科でも小児科でもどちらでも良いと思いますが、喘息などの症状をもつ場合は小児科の先生に診せるとよいと思います。症状がひどい場合は皮膚科専門医のほうが良いと思います。

しっかりとした食事と外で遊ばせることで皮膚は強くなっていく

アトピー性皮膚炎のおよそ8割が5歳までに発症するのですが、多くのケースでは思春期を過ぎれば症状がでなくなっていきます。お子さんの症状のためにあまり神経質になることなく、バランスの良い食生活とたくさん外で遊ばせることでアトピーに負けない体質になっていくと思いますよ。