アトピー性皮膚炎の症状がでやすい身体の箇所「部分・場所」

アトピー性皮膚炎は皮膚の炎症と痒みを引き起こし、軽快と悪化を慢性的に繰り返す皮膚疾患です。アレルギー的な要因が大きいとされます。

アトピーは基本的には全身どこにでも発生すると考えられますが、比較的に症状が現れやすいという部分をご紹介します。

アトピー性皮膚炎の症状が現れやすい部分

アトピーの症状が現れやすい部位 アトピー性皮膚炎は症状が現れやすい部位にも特徴があり、主に額、目の周り、耳のまわり、口の周り、首元、ひじの内側、胸、背中、腹部、ひざの裏側などです。

さらに、年齢によっても出来やすい部分に違いがあり、乳児期から3歳くらいまでは顔や頭皮に現れやすい傾向があり、それ以降の思春期・成人期は肌が乾燥しやすいひじの内側やひざの裏側にできやすいのが特徴です。また、耳のつけ根が切れる耳切れという現象もみられます。

これらの症状が通常は左右対称にできます。そして、症状が重くなるとジュクジュクとしたカサブタができるようになることもあります。

アトピー性皮膚炎ではない可能性もある

皮膚の湿疹や赤み、かゆみなどが実際にはアトピー性皮膚炎ではなく他の病気だということも考えられます。特に乳児期にはアトピーではない赤ちゃんでも湿疹ができることが多いので、すぐに診断がつかないこともあります。乳児期には皮脂分泌が多いため、乳児湿疹、新生児ニキビ、乳児性の脂漏性皮膚炎などである可能性もあります。

以下はアトピー性皮膚炎だと診断される項目です。

  • 皮膚に慢性的な痒み(かゆみ)がある。
  • 発疹、赤み、皮膚表面の硬化、皮膚の剥離・カサブタができるなどの症状がでる。
  • ひじの内側、ひざの裏側、額、目元、口元、耳の周囲、首の周辺、胴体の場所にでやすく、左右同じ場所に現れやすい。
  • 一度皮膚炎が治っても繰り返し起こりやすい。(慢性的に悪化と軽快を繰り返す)。
  • 症状が長引く。(乳児では2ヶ月以上、それ以外は6ヶ月以上が目安)。