アトピー性皮膚炎とは?「アトピーの定義・症状」

アトピー性皮膚炎は、多因子性疾患といって様々な要因が重なって引き起こされる症状です。

かゆみをともなう湿疹を慢性的に繰り返すのが一般的ですが、あいまいに認識されている部分も多いです。

今回は、そのアトピー性皮膚炎の定義を解説していきます。どのような状態がアトピーだと診断されるのでしょうか。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の湿疹、炎症、赤み、かゆみを慢性的に繰り返す皮膚の病気です。アトピー性皮膚炎の診断基準の目安では以下のような症状があげられます。

  • 皮膚に慢性的な痒み(かゆみ)がある。
  • 発疹、赤み、皮膚表面の硬化、皮膚の剥離・カサブタができるなどの症状がでる。
  • ひじの内側、ひざの裏側、額、目元、口元、耳の周囲、首の周辺、胴体の場所にでやすく、左右同じ場所に現れやすい。
  • 一度皮膚炎が治っても繰り返し起こりやすい。(慢性的に悪化と軽快を繰り返す)。
  • 皮膚炎が長引く。(乳児の場合は2ヶ月以上、それ以外では6ヶ月以上)。

皮膚科医に症状を診断してもらって上記のような症状がある場合、通常医者はアトピー性皮膚炎と診断すると思います。特に皮膚炎が繰り返して再発されるかなどが判断の大きなポイントです。乳児では乳児湿疹と混同される場合があるため、はっきりとした症状の判断・区別が難しくなります。

アトピー性皮膚炎と似た症状に、「接触性皮膚炎」「脂漏性皮膚炎」「単純性湿痒疹」「かい癬」「汗疹」「魚鱗癬」「皮脂欠乏性湿疹」「手湿疹(アトピー性皮膚炎以外の手湿疹を除外するため)」があり、これらの症状はアトピー性皮膚炎と区別します。

アトピー素因をもつ人が発症する?

アトピー性皮膚炎の患者の多くは「アトピー素因」をもつといわれており、このことは日本皮膚科学会でも定義されています。アトピー素因をもつ定義として、以下のようなものがあります。

  • 家族がアトピー性皮膚炎やアレルギー系の症状をもつ。(遺伝的要因)
  • 蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などをもつ場合。
  • 過剰な免疫反応を起こす「IgE抗体(アレルギー反応を起こす抗体)」を産生しやすい体質。

IgE抗体とは、抗原(アレルギーを起こす物質)が体内に侵入した時に反応して肥満細胞に伝える物質がIgE抗体で、このときにヒスタミンなどの物質が放出されてアレルギー症状を引きおこすことがわかっていますが、アトピー性皮膚炎患者の特徴として、高い確率でIgE抗体をもつことが確認されています。

アレルギー反応を起こしやすい人がアトピー性皮膚炎を発症しやすい傾向はあるのですが、必ずしもアレルギー体質の人がアトピーになるわけではありません。実際に、アレルギー抗体反応が出ないのに、アトピー性皮膚炎を発症する人も少なくありません。

アトピー性皮膚炎の原因は?

アトピー性皮膚炎の原因ははっきりとは解明されていませんが、一般には以下にような原因があげられます。

  • 遺伝的要因説・・・アトピー性皮膚炎やアレルギー体質などは家族内発生がみられることから遺伝が影響しているという説。
  • 環境的要因説・・・食物アレルギーやダニ、ハウスダスト、皮膚の常在菌などのアレルギーを起こす物質(アレルゲン)が原因で皮膚炎が発現するのではないかという説。
  • 表皮バリア破綻説・・・本来は機能するべき表皮のバリア機能がなくなることで慢性的な皮膚炎を引き起こすという説。

アトピー患者は、特に文明国になるほど多くなり、その中でも裕福な家庭に多いので、ライフスタイルや生活環境などに根本的な原因があるのではないかといわれています。

アトピー性皮膚炎のその他の症状・特徴

皮膚の症状

  • 乳児期を過ぎると乾燥して表面が粉を吹いたようになり、赤い湿疹、結節、痒みなどがでる。
  • 湿潤した局面から組織液が浸出することがある。
  • 治療が不完全な場合や慢性化した場合は、鳥肌だったようにザラザラしたものができ、皮膚が厚くなる。
  • 難治性の場合では、しこりのあるイボ状の痒疹ができることがあり、イボになることもある。(この場合はステロイド注射などが必要の場合もある)。
  • 思春期以降は、油脂分泌不足によって頭皮に大フケがでやすくなる。
  • 眉毛の外側が薄くなる(ヘルトゲ兆候)。
  • 発赤した皮膚をなぞると、なぞったあとが白くなる(白色皮膚描記)。

症状時期の特徴

  • 幼児期までに発症しやすく、患者の約8割は小学生に入るまでの5~6歳までに発症する。
  • かつては思春期が終わるころに症状は軽快し、のちに自然治癒すると考えられていましたが、成人になっても強い症状が長引いたり、また成人してから発症や再発するといった例が近年増加しています。
  • 一般的に児童期までが湿潤型、それ以降では乾燥型の皮膚炎がみられます。
  • 児童期では首周りやひじの内側やひざの裏側を中心に発症し、思春期以降は頭皮、額、肩、内腿、内椀に発症しやすい。

アトピー性皮膚炎の重症度の目安

アトピー性皮膚炎の症状の度合いは、以下のように分けられます。

軽症

部分的に軽度の皮疹のみみられる。

中等症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%未満にみられる。

重症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%以上、30%未満にみられる。

最重症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上にみられる。