乾燥肌はシワ・小じわができすい?

皮脂や肌水分が不足した肌はシワや小じわができやすくなるといわれています。

特に、コラーゲンやエラスチンが減少してくる30代からシワ・小じわが目立つようになってきますが、肌の水分量が不足することで、さらにしわや小じわが増えてしまうようになります。

肌の乾燥とシワ・小じわ

肌が乾燥すると角質に亀裂が入る

皮膚が乾燥している状態とは角質層に水分が不足しています。角質層の水分が不足すると、角質層に亀裂が入ってキメが乱れた状態になり、それが小じわとなってあらわれます。さらに小じわを放置していると深いしわとなってしまうことがあります。

美容外科のしわ治療を希望する人のほとんどが肌が乾燥しているといわれています。

乾燥肌は目元・口元の表情じわが出来やすい

乾燥肌では、表情筋によってできるシワが深くなりやすい傾向があります。笑いじわともいわれる目尻のシワも、乾燥によってシワが深くなっていきます。若い時期はコラーゲン合成能力も活発であるため、肌が乾燥してもシワにはなりにくいですが、コラーゲン合成能力が衰える30代からは肌の乾燥状態が続くとシワが目立ってきます。

乾燥肌によるしわ・小じわの予防と対策

しわ・小じわを予防するには保湿が基本

角質層に十分な水分があれば、しわ・小じわは目立たなくなり、すでにできたシワも進行を遅らせることができます。洗顔後には必ず化粧水で肌に水分を補い、それでも乾燥する場合には美溶液や保湿クリームなどで保護します。

しわ・小じわに気がついたら保湿パックを

しわ、小じわを改善するためには、肌への十分な水分補給が不可欠です。化粧水などでパシャパシャとつけただけでは、水分蒸発も早いため、コットンに化粧水を含ませてシワ・小じわが気になる部分を保湿パックすると、劇的に肌水分量が高まります。

肌が生まれ変わるのは睡眠時なので、コットン保湿パックは就寝前に行うと効果的です。