脳年齢と肌水分量の関係とは?

脳の若さと肌年齢には密接な関係があるといわれています。

脳年齢の低下や日常の脳の活動量が低下すると、ホルモンバランスが乱れたり、新陳代謝が悪くなり、その結果として肌荒れを起こしたり、皮膚がカサカサになってしまうことがあります。

脳は全細胞の司令塔

脳年齢と肌の水分量は比例しているといわれています。例えば、疲れている時、寝不足の時、風邪をひいた時、活動的に体を動かした後、筋力トレーニングをした後、大きな怪我をした後など、体に異常を察知したら脳は成長ホルモンなどを多く分泌させて体を休息に向かわせ、体を正常に戻そうとします。

日常的によく考え、よく体を動かし、より活動的である人ほど脳の活動も活発で、そういう人ほどホルモン分泌や体の新陳代謝機能が活発です。反対に、日常的にダラダラとした生活をしている人ほど、脳の活動量が少なくなり、ホルモン分泌や代謝機能が低下して老化の進行が早くなってしまいます。

実際に、脳年齢が若い人ほど見た目が若く、肌を調べても肌のキメが細かく肌水分量も多い傾向があるといわれています。

脳を活性化するには?

日中は活動的に

朝起きたらまずカーテンを開けて朝日をたくさん浴びるようにし、日中も活動的に過ごすようにすると脳が活性化します。日中にショッピングをするということでも脳は十分に活性化します。

手を動かす

人類は手を使うことによって脳機能が発達したと言われており、手を使うと脳の血流量が何倍も増加します。ピアノやギターなどの楽器を弾くことは手も使うだけではなく、聴覚も刺激するため、脳を活性化する方法としては理想的です。ボケ防止のためにピアノを始めると良いといわれるのもこのためです。

文字を書く

文字を書くことは、手を動かすことで脳が活性化されるだけでなく、脳内の記憶を司る海馬なども活性化されます。文字を思い出しながら書いている状態は脳にとってプラスに働きます。

よく聞き、よく喋る

人と会話すると、脳の血流量が増加して活性化します。また、人と会話することはストレス発散になります。

適度な運動

適度な運動は脳や全身の血流量を増やすだけでなく脳をリフレッシュさせる効果もあります。ストレスを感じるような激しい運動ではなく、無理なく楽しめる程度の運動(ウォーキングやジョギングなど)を定期的に行いましょう。

新しいことをする

今まで経験したことのなり新しい事をすると、脳は劇的に活性化します。自分なりの趣味を探したり、恋愛をしたり、習い事を始めるなどが理想です。