アミノ酸と乾燥肌「アトピー」に効くアミノ酸の保湿効果とは?

肌の乾燥を防ぐには水分保持効果の高い成分が配合されたスキンケアが必要です。

アミノ酸は肌の潤いを高める成分の一つであり、表皮の角質層において天然保湿因子(NMF)として存在し、水分保持の役割を担っています。

乾燥肌とアミノ酸

アミノ酸とは?

アミノ酸とは、簡単に言えばタンパク質の最小成分で、生命維持には必要不可欠な栄養成分です。すべての細胞はたんぱく質から出来ており、不足すると細胞は正常に機能しなくなります。アミノ酸には様々な働きがあり、肌においても重要な働きをしています。

天然保湿因子(NMF)としてのアミノ酸

天然保湿因子(NMF)とは、角質層に存在する保湿成分で、アミノ酸類、尿素、乳酸、クエン酸塩などから構成されています。天然保湿因子は角質層で水分を抱え込み、肌を乾燥から守る働きをしていますが、その天然保湿因子の約4割がアミノ酸で構成されています。

この天然保湿因子が不足すると肌が乾燥して新陳代謝が乱れ、肌荒れを起こす原因になります。実際に、乾燥肌の人では天然保湿因子が不足しているといわれています。

アミノ酸を補うと水分量が劇的に上がる

アミノ酸が配合された化粧水や美溶液などの化粧品を使用すると、肌の水分量が劇的に上昇することがわかっています。あるデータによると、乾燥肌の女性にアミノ酸配合の化粧水を使用したところ、肌の水分量と皮脂量が共に約2倍近くアップし、肌の弾力性も上がったという結果がでています。

肌は水分量が上がると細胞が活性化して新陳代謝が活発になり、ハリや弾力もアップして美肌へと導きます。

保水能力が高いアミノ酸で保湿

アミノ酸の中で保湿効果が高く、化粧品などでよく配合されているのは「セリン」や「リジン」です。セリンは角質層内の天然保湿因子中に遊離アミノ酸として存在し、水分を保持する効果に優れ、肌に弾力や柔軟性を与える働きがあります。

また、リジンも天然保湿因子の一種で、水分保持効果や弾力や柔軟性を高める働きがあります。セリンもリジンも乾燥肌用の化粧水や美溶液、クリームなどに用いられています。

アミノ酸は肌の水分量と油分量を高める効果があるため、乾燥から起こる肌荒れや皮膚病などの治療に用いられることもあります。