【乾燥肌アトピー】ウレパール・ケラチナミン・パスタロンの効果と副作用

アトピー性皮膚炎のような敏感肌や乾燥肌は、きちんと保湿してバリア機能を整えるスキンケアが重要です。

尿素は優れた保湿効果があり、アトピー性皮膚炎の保湿剤としても用いられています。

アトピー性皮膚炎・乾燥肌への尿素の効果

尿素とは?

尿素とは、皮膚の角質層の水分保持に優れる成分で、天然保湿因子(NMF)として肌の角質層にも微量含まれる成分です。通常は、乾燥した皮膚病に対して使用し、一般的な乾燥肌の他にアトピー性皮膚炎、皮脂欠乏症、主婦湿疹、老人性乾皮症などの症状に用いられます。

また、尿素は角質を柔軟にして剥がす作用があるため、ひじやひざ、かかとなどの硬くなった皮膚に用いられることがあります。(硬くなった角質対策としての商品では高濃度の尿素が配合されています)。ただし、角質を柔軟にして剥がす作用があるため、皮膚の薄い部分や人によっては刺激が強いと感じることもあります。

顔などの皮膚の薄い部分には尿素は刺激となることがあります。一般的に尿素配合保湿剤を顔へ使用することはありません。

アトピー性皮膚炎で用いられる尿素配合の保湿剤

ウレパール

ウレパールクリーム10%、ウレパールローション10%。

パスタロン

パスタロンソフト軟膏10%~20%、パスタロンクリーム10%~20%、パスタロンローション10%。

ケラチナミン

ケラチナミンコーワ軟膏20%。

使用方法

1日2~3回、患部を清浄にしたのち塗布し、よくすり込む。なお、症状により適宜増減する。

注意点

  • 皮膚に傷や炎症、亀裂などがあると強い刺激を感じることがあります。
  • じゅくじゅくしている傷口や炎症部分には使用しないようにします。
  • 目や粘膜部位には使用しないようにしましょう。
  • 顔や首などの皮膚の薄い部分には刺激となることがあるため、使用しないようにしましょう。