【スキンケア】洗いすぎが原因で乾燥・肌荒れを引き起こす?

皮膚を清潔にしようと過剰に洗いすぎたりすると、肌が乾燥して肌荒れを起こすことがあります。

また、保湿などのスキンケアを過剰に行ってしまうことでも肌荒れを引き起こすことがあります。

スキンケアによる肌の乾燥

洗いすぎによる乾燥、肌荒れ

肌を清潔に保つために一日に何度も洗顔や入浴したり、シャワーを浴びたりする人がいますが、肌に必要な皮脂を過度に落としている可能性があります。特に乾燥肌の人では、一度体を洗うと元の潤いのある状態にまで回復するのに長い時間を要しますので、過剰に清潔を心がけるのはよくありません。

洗浄力の強い洗浄剤による肌荒れ

洗顔フォームやクレンジング剤、ボディソープなどには合成界面活性剤が高配合されていることが多く、それが肌荒れの原因になることがあるといわれています。敏感肌のような肌が弱い人が洗浄力の強い洗顔料を使うと、洗った後に顔が真っ赤になってしまうこともあります。

合成界面活性剤は、水を油を乳化させる脱脂力のある成分で、化学的に合成させているため肌への負担が大きいといわれています。

肌への負担をかけない洗いかた

無添加石けん(純石鹸)を使う

無添加石鹸(純石鹸)とは、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムで作られた石鹸のことで、合成界面活性剤、香料、防腐剤などを一切含まず、肌に対して最も負担が少ないといわれています。洗った後も肌が元の弱酸性に回復するスピードが速く、皮膚に存在する常在菌のバランスを乱しません。

たくさんの泡で優しく洗顔

少ない泡で肌で洗うと摩擦によって肌に負担がかかり、肌が弱い人では肌荒れを起こすことがあります。体を洗う際は、必ずたくさんの泡を作って優しく洗うようにします。

簡単にたくさんの泡を作ることが出来る「泡立てネット」が薬局などで販売されているので、それを利用するのも良いと思います。

入浴の際は熱いお湯は控える

入浴や洗顔の際に、お湯の温度が高くなるほど脱脂力が強くなり、必要な皮脂まで洗い流されて肌が乾燥するようになります。オイリー肌の人では熱めのお湯で洗ったほうが汚れが良く落ちますが、乾燥肌の人では元々皮脂が少ないため、かえって肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

乾燥肌の場合は、お風呂のお湯の温度は少しぬるいと感じる程度にしましょう。また、洗顔の際は冷水を使用したほうが良いと思います。

乾燥肌にクレンジングオイルは禁物

クレンジングオイルには、水と油を乳化させる合成界面活性剤が多く含まれています。そのため、クレンジングオイルは非常に脱脂力が強く、クレンジング後は極端に肌が乾燥してしまうことがあります。乾燥肌タイプではクレンジングオイルはできるだけ控えるようにしましょう。

保湿スキンケアはシンプルに

いくら肌が乾燥しているからといって、いろんな化粧水、美溶液、クリームをベタベタつけるのは良くありません。基本は、洗顔や入浴後に肌への負担の少ない化粧水で水分を補い、それでも乾燥する部分に美容液やクリームなどを薄くつけます。肌水分量が少なくても乾燥をまねきますが、多すぎても皮膚炎の原因になることがあります。