ホルモンバランスの変化が原因で肌は乾燥する?

肌が乾燥してしまう原因の一つに、性ホルモンの分泌の変化が関係しています。

ホルモンバランスによる肌状態の変化は特に女性に起きやすく、生理によるホルモンバランスの変化によるものや、加齢による性ホルモンの分泌が減少することなどがあげられます。

ホルモンバランスの影響による乾燥

生理によるホルモンバランスの変化

女性の体には月経(生理)といわれる子供を産むための仕組みが備わっています。女性の体は「月経期」→「卵胞期」→「排卵期」→「黄体期」の4つの時期を繰り返しており、これには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが重要な働きをしています。

数日間の月経が終わると、しだいに卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が活発になって卵胞期といわれる時期に入り、受精に向けた準備を促します。そして排卵期に入りますが、この時期にエストロゲンの分泌はピークになります。

排卵が終わると、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になって黄体期といわれる時期に入り、受精卵が無事に着床するように準備を整えます。

妊娠が成立しなかった場合は月経(生理)になるのですが、生理前になると卵胞ホルモンと黄体ホルモンのどちらも分泌が減少するため、ホルモンバランスの変化によってイライラしたりすることがあります。

この2種類の女性ホルモンのうち、卵胞期に分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)には皮脂分泌を抑制してキメ細かい美しく女性らしい肌へと導く作用があるため、やや肌が乾燥しやすくなります。

一方、黄体期に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)には男性ホルモンと似た働きがあり、皮脂分泌が多くなって肌が脂っぽくなります。

生理前にはエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンの分泌が少なくなり、女性にも一定量分泌されている男性ホルモンが優位な状態になるため、さらに肌が脂っぽくなったり男性的になったりします。

加齢による女性ホルモン分泌の減少

年齢を重ねると女性ホルモンの分泌が少なくなっていきます。女性ホルモンのエストロゲンには、真皮のハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸や肌水分量を高める働きがあり、女性を美しく導く作用があるのですが、女性ホルモンが減少することでそれらの生成力が低下して水分保持能力が減少し、肌がカサカサに乾燥することがあります。

男性ホルモンも減少する

年齢によって男性ホルモンも減少していきます。男性ホルモンは皮脂腺に作用して皮脂分泌を活発にする働きがあるため、男性ホルモンが減少すれば皮脂も減って肌が乾燥するようになります。また、加齢によって皮脂腺による皮脂を合成する能力も低下していくため、皮脂分泌が少なくなって乾燥しやすくなります。

不規則な生活や運動不足による性ホルモン分泌の減少

運動不足やダラダラした生活を続けているとホルモンバランスが乱れることがあります。また、運動不足や不規則な生活は新陳代謝を鈍らせて生理周期を乱す原因にもなります。

長期的なストレスによるホルモンバランスの変化

ストレスを受けると男女問わず男性ホルモンが分泌されて結果的に皮脂分泌が促されます。ただし、そのストレスが長期的になると男性ホルモンや女性ホルモンの分泌や、体の各機能が低下してしまい、新陳代謝が悪化して肌がカサカサになることもあります。

ストレスは肌の角質層の水分量を減少させてしまうことがわかっています。